Islam in Malaysia

マレーシア生活

マレーシアのイスラム教割合は60%,日本人が上手に付き合うための心がけ4つ

2021年2月6日

広告

 

Malaysiaは,Islam教の国ですよね?中東はいつも宗教対立がもたらした戦争をしている印象がありますが,Malaysiaは安全な国ですか?

生活の中で,Islam教徒の方に気を遣っていることはありますか?

 

こんにちは,こにゃん(@こにゃん)です.

Malaysiaは治安の良い国です.少なくとも,宗教にまつわる暴動などは少ないです.

私はMalaysiaで生活する上で,Islam教に関して最低限の気遣いをしています.

こにゃん

 

相手のことを考えて行動するという普遍的なことが一番大事だと思います.

 

この記事は,次のような方にお役に立てるように書いています.

 

こんな方におすすめ

  • Malaysiaへの移住に興味のある方
  • MalaysiaのIslam教に興味のある方

 

この記事の内容は次になります.

本記事の内容

  • MalaysiaのIslam教徒割合は60%以上
  • Malaysiaで生活する上で気をつけたい,Islam教との付き合い方

 

Malaysiaで2年間住んでいますが,ちょっとした気遣いで,宗教関連の”いざこざ”に巻き込まれたことは一度もありません.

 

そんな私が,この記事でMalaysiaの日常生活で宗教に関して気をつけていることを書きたいと思います.

 

MalaysiaのIslam教,治安は良いの?

私は2年間Malaysiaで生活をしていますが,「Malaysiaの治安は良い」と思います.

 

夜道を歩いていても怖い思いをしたことはありませんし,私の同僚でも犯罪に巻き込まれた人は1人もいません.

 

基本的な注意をしていれば,比較的安全に生活をすることができます.

 

Islam教は本来争いを好まない宗教

Islam教というと争いの多い宗教という印象を持っている人もいますが,Islam教自体は争いを好む宗教ではありません.

 

一部の原理主義者がIslam教の教典を曲解して,争いを起こしているだけであって,本来は平和的な宗教です.

 

Malaysia人の穏和な性格と合わさって,Malaysiaは治安の良い国となっています.

 

国民の60%がIslam教信者

次に,Malaysiaの基本情報を紹介します.

 

Malaysiaは国民60%以上がMuslimで,国教はIslam教です.

 

2010年と古い統計になりますが,Malaysia国民の宗教別人口割合は下記になります.

 

  • Islam教 61.3%
  • 仏教 19.8%
  • Christ教 9.2%
  • Hindu教 6.3%

 

意外かもしれませんが,Malaysia国民の大部分はIslam教徒ですが,Islam教徒以外が30%以上もいます.

 

主に,華僑(先祖が中国から渡ってきた子孫)と印僑(先祖がIndiaから渡ってきた子孫)が非Islam教徒です.

 

日常生活のいたるところにIslam教の影響

blue mosque

 

政治家の多くはMalay系Muslimで,国の運営においてもIslam教が影響がみられます.

 

歴史的には,12世紀にIndia系Muslimの貿易商によってMalay半島にIslam教がもたらされたといわれています.

 

どの街にもIslam建築のmosqueが見られます.

 

1日5回,mosqueからは祈りを呼びかける「Adhan(アザーン)」という肉声が大音量で流されます.駅の中,会社の中にも祈祷室があります.

 

Muslimの女性は髪の毛を隠すためのhijabという布を頭にかぶっている姿は日常的な光景です.

 

参考図書

国全体はIslam国家ではありますが,少しの気遣いをすれば宗教に関連した”いざこざ”に巻き込まれることもなく生活することができます.

 

Islam教全般の基本知識については,内藤正典著『となりのイスラム 世界の3人に1人がイスラム教徒になる時代』が良い参考書になります.

 

Islam教の基礎知識だけでなく,文化的な背景,Islam教徒の素顔についても書かれています.

 


 

次の章で私が日常で気をつけていることを紹介します.

 

Malaysiaで生活する上でIslam教について気を付けていること

私が気を付けていることは,次の4点です.

 

  1. 宗教について公共の場では議論にしない
  2. 豚肉を食べる・お酒を飲む場所は限られた場所だけにする
  3. 断食の時期,食事を取るときはMuslimの目の前で食べない
  4. 肌の過度な露出は避ける

 

「なんだ大したことがない」と思った方も多いと思いますが,節度を持って生活をしていれば宗教に関連した”いざこざ”に巻き込まれる可能性は低くなります.

 

宗教について公共の場では議論しない

Islam教徒というと一部の原理主義者による過激な暴力活動,排他的な性格が強調されがちですが,実際は非常に温厚な人々が多いです.Islam教自体も他宗教の民族を攻撃することを良しとしていません.

 

とは言え,無用に宗教の話題で議論することは避けた方が良いです.どの話題で相手の宗教心を傷つけてしまうか予想できません.

 

昨年2020年10月,Franceで起きたIslam教預言者の風刺画をめぐる教師殺害事件の後,Marcon首相は表現の自由のもとに預言者の風刺画を擁護するような発言をして,世界各国のIslam教国家から批判を受けました.

 

その後,MalaysiaのJAKIM(Malaysia Islam教発展団体)は,預言者の風刺画を作成したCharie Hedbo社を批判しました.

 

さらに,"Dr. D"こと,Mahathir元首相は『目には目を』発言でFrance人殺害の正当性を唱えて問題となりました.

 

あわせて読む
Mahathir元首相「フランス人には,目には目を」発言,Twitter社削除【マレーシア雑記】

続きを見る

 

普段の生活であえて宗教の話題をすることはないと思いますが,話題によっては知らないでは済まされないくらい,相手の逆鱗に触れてしまうことがあるのでお気を付けください.

 

Halal料理とnon-Halal料理

Islam教は食事に関して,口にして良い食事を定めています.

 

この戒律を「Halal」と呼びます.反対に,Islam教で食べることを許可されていない食事を「non-Halal」と呼んでいます.

 

Malaysia人口の60%がMuslimですので,Halal料理を提供するお店が多いです.

 

一方で,華人,India系も一定数いますので,non-Halalのお店も多いです.お店の前に,「Halal」「non-Halal」の標識があります.

 

Malaysiaでも新鮮な豚肉は購入可能

TTDI wet market non-halal

 

Supermarketの表部分は「Halal」の食品を陳列していて,奥の方に行くと「non-Halal」の食材(豚肉,お酒)が置いています.

 

Islam教のMalaysiaというと,新鮮な豚肉は手に入りにくいと思われがちですが,探せば美味しい豚肉が手に入ります.

 

KL市内で豚肉を買うのにおすすめのTTDI wet marketについては下記の記事をご参考ください.

 

あわせて読む
マレーシアで新鮮な豚肉を買うなら!Taman Tun Wet Market@TTDI

続きを見る

 

non-Halal料理を食べるときは周りを確認

Non-Halalのお店は比較的簡単に見つけることができるのですが,Muslimの方の前で食べることはなるべく控えたほうが良いと思います.

 

お店自体がHalal/non-Halalで分かれているので,特別気をつけることはないのですが,公共の場所で食べる際は周りをご確認ください.

 

食器が共用の場合,non-Halal食材に触れたものは消毒しないとMuslimの人は使えません.

 

共用の食器でnon-Halal食材を食べる際は気をつけます.

 

また,日本のお土産をMalaysiaの友人に渡すときも気をつけています.

 

豚肉やお酒の入ったお土産でなくても,基本的にはHalal認証をもらっていない場合は,Muslimの方は口にできない可能性があるので直接友人に確認した方が良いと思います.

 

断食の時期,食事を取るときはMuslimの目の前で食べない

mosque

 

Ramadan』とは,Islam暦の9月に行われる断食をともなうIslam教の祈祷です.ここ数年は,5月前後にRamadanとなります.

 

Ramadanの時期,Muslimは原則日の出から日の入りまでの間,断食を行います.水を飲むことは許されているようですが,厳格な信者の人は自分の唾さえ飲み込まないといいます.

 

私がRamadanの時期に気を付けていることは,Muslimの同僚の前でお菓子などの軽食を食べないようにするということです.

 

相手が空腹を耐え忍んでいるので,お菓子を食べるのは自粛をしています.本当にお菓子が食べたいときは,周りにMuslimの同僚がいないところでこっそりと食べるようにしています.

 

Ramadanの時期は,日中,Muslimの同僚の集中力が明らかに落ちています.弱っているなというのが横目でわかります.

 

定時になると,同僚は残業もせずに帰宅します.家までの途中で持ち帰りのご飯を買って,日没後に家族と食事をします.

 

こにゃん
もう一つ気を付けていることは,Ramadanの時はMuslimの同僚にあまり残業をさせないようにしています.

 

肌の過度な露出は避ける

Malaysian woman

 

Malaysiaは,性には非常に保守的です.

 

東南Asiaの国の中でも,Thailandは性に関して開放的な雰囲気がありますが,Malaysiaは全然違う雰囲気です.

 

Malay系の女性は,足首から手首まで全身の肌の露出を避けています.さらに,髪を隠すような布を頭にかぶっています.

 

伝統的な服装は体型も隠すようになっていますが,最近の若い女性は現代的な服装とhijabをうまく組み合わせています.

 

外国人であっても,あまり刺激的な格好をして,外出をしない方が良いです.しかし,Muslimではないのにあえて,hijabを着用する必要はありません.

 

肌の露出があっても直接注意受けることはありませんが,不快感を周りに与えている可能性があります.宗教的な場所に入場する場合は,必ず肌の露出を避けるように指示を受けます.

 

人気の日本マンガ『進撃の巨人』の中でも,巨人が裸であることが検閲で問題となったといわれており,Malaysia版では巨人がパンツを履いている表現に変更がされています.

 


まとめ

Malaysiaは,日本人の移住先ranking高順位に位置するほど日本人にとっても住みやすい国です.

 

Islam教という,多くの日本人にとっては馴染みのない宗教ではありますが,基本的な気遣いができれば普段すれ違いで問題になることはありません.

 

小学校で教わったように,相手の気持ちを考えて行動するということが,何よりも大事だと思います.

 

この教えは日本だけでなく,Malaysiaでも他の国でも適用できます.

 

無知よりも,まずは相手を知ることが大事ですので,Islam教の基本知識は学ばれることをおすすめします.下記におすすめの書籍を並べます.

 



 
こにゃん
Twitter@こにゃんでマレーシア最新情報の発信もしています.   気軽にフォローしてくださいね.  
  「にほんブログ村」のランキングに参加しています.   ぜひクリックして応援してください!    
  • この記事を書いた人

こにゃん

【経歴】▶︎日本にて企業就職 ▶︎入社3年目マレーシア駐在 ●マレーシア駐在員 ●英語 TOEIC 950点,中国語 HSK 5級(中国語の方が得意かも?) ●旅行好き ●資産形成中 ■000万円,1億円資産ができたら経済的自由の道へ マレーシアお役立ち情報を発信しているので,Twitterもフォローしてね.

-マレーシア生活
-,

© 2021 こにゃんのマレーシア駐在記 Powered by AFFINGER5