新着記事

liquor

マレーシア一般

マレーシア入国時のお酒持ち込み,1ℓまでは免税対象

2021年3月6日

広告

Malaysiaに出張した際に,お世話になった駐在者にお土産で日本酒1瓶(720ml)を持っていこうと思っています.

空港での税関で免税で持ち込むことは可能でしょうか?また,免税対象ではない場合はどれくらい税金がかかるのでしょうか?

こんにちは,こにゃん(@こにゃん)です.

Malaysiaの空港税関では,1ℓまでのお酒は免税で持ち込むことができますので,質問者の方の日本酒は免税になります.

こにゃん

 

何も知らずにお酒を没収されたり,課税を払うことになると悲しいと思いますので,ぜひ本記事をご参考ください.

Malaysiaは総じてお酒の値段が高いので,お酒が好きな方は可能な範囲でお酒を持って行かれた方が良いと思います.

この記事は,次のような方にお役に立てるように書いています.

こんな方におすすめ

  • お酒が好きなMalaysia在住の方
  • Malaysiaに旅行予定の方

この記事の内容は次になります.

本記事の内容

  • Malaysia空港では,お酒は1ℓまでは免税対象
  • 1リットルを超えるお酒については,大幅な関税が課せらる

 

 

Malaysia空港でのお酒免税対象は1ℓまで

KLIA(Kuala Lumpur国際空港)における,お酒の免税対象は1人につき1ℓまでです.

つまり,1ℓまでならば追加課税なくお酒が持ち込めます.

1ℓを超えた場合は,次の節で紹介します.

 

空港での荷物検査

空港では1ℓを超えるお酒を持っているかどうか検査させるのですか?
私は,Malaysiaに2年以上住んでいて,KLIAを10回以上も利用していますが,一度だけ荷物検査が徹底して行われた以外は,ほとんど荷物検査は素通りでした.
こにゃん

 

普段の荷物検査はかなり緩いです.

私の知り合い数人にも聞きましたが,荷物検査でお酒を含めて持ち込み品を没収されたという話は聞いたことがありません.

1ℓのお酒持ち込み制限が徹底して検査されるかというと,実際は行われていません.

 

私が一度だけ検査されたことがあります.

それは,新型肺炎の厳戒態勢の中,空港利用者が少ないために一人一人徹底して検査していたときです.

 

免税対象者は21歳以上

しかし,念のため免税範囲の1ℓを上限でお酒を持ち込まれた方が良いと思います.

大きな声ではおすすめできませんが,バレることを覚悟で1ℓを超えるお酒を持ち込むこともできます.

KLIA

お酒を免税で持ち込めるのは21歳以上ですのでご注意ください.

Malaysiaで飲酒できるのは21歳以上となっています.

 

例えば,家族3人(ご両親と21歳未満の子ども)でMalaysiaに入国する際は,家族で合計で2ℓまでのお酒が免税となります.

 

1ℓを超えたお酒は持ち込めないの?

1ℓを超えるお酒についても,Malaysiaに持ち込み可能です.1ℓを超えたお酒がすぐに没収とはなりません.ただし,1ℓを超えた分は課税対象になります.

免税を超えた課税の計算

免税対象を超えたお酒に対する課税は次のようになります.

  • Import duty(輸入税) RM 7/ℓ
  • Excise duty(物品税) RM 150/ℓ
  • Sales tax (消費税)  10%

出典:Malaysia政府観光局 酒類の持ち込みについて

例えば,1ℓのお酒を2瓶をMalaysiaに持ち込もうとした場合,

  • 1ℓ分のお酒は免税対象
  • 残りの1ℓ分のお酒は課税対象

免税範囲を超える1ℓに関しては,課税される金額は

免税範囲外の課税

RM 157(1ℓ分)+ (購入金額の10%)

具体的な計算例

免税対象を超過した1ℓのお酒の購入金額が2,000円だとすると,課税額は約RM 160(日本円 約4,200円)になります.

2,000円で買ったお酒が,課税後に約6,200円となります.

お酒の値段が3倍になってしまうことになり,これがMalaysiaで買うお酒が非常に高い理由です.

 

お酒が好きな方は,Malaysiaに行くときは免税範囲でお酒を持ち込まれることをおすすめします.

 

こにゃん
もしMalaysia在住の方に会いに行く時は,お酒はお土産で重宝されると思います.

 

Malaysia国内のお酒は高い!

MalaysiaはIslam教の国で,国民の60%以上がMuslim(Islam教徒)となっています.

Islam教では飲酒を禁じているので,Malaysia人の大部分は飲酒の習慣がありません.

Malaysia国内で種類は買えるけど…

Malaysia国内では,飲酒及び酒類の販売は許可されています.

一部酒類の販売については制限がありますが,決して禁止されているわけではありません.

日本のビールを含めて,whiskey,wineなど輸入酒についても都市部ならば比較的容易に手に入れることは可能です.

 

値段を気にしないという方は,無理してお酒を国外から持ってくる必要もないのかもしれません.

ビールは国内醸造所もあり比較的安価

beer

Malaysia国内では,Carlberg社とHeineken社が酒類の製造を許可されています.

国内製造のビール320mの値段はRM 12(日本円 約320円)です.

国内製造のビールは割高ではありますが,一般生活で比較的手が届く値段ではあります.

輸入酒は総じて高い

ただし,輸入酒に対しては非常に高い税金が課せられているために,Malaysia国内で買うお酒は一般的に高くなっています.

例えば,黒霧島 720mlを日本で購入すると1,000円ほどで購入できますが,Malaysiaで購入すると3倍ほどの値段になります.こういう事情なので,お土産で焼酎や日本酒をMalaysia駐在社に持っていくと喜ばれると思います.

 

 

街中のsupermarketで見つけるお酒の値段は次のようです.Wineは比較的安いですが,課税前の値段がそもそも安いものだと思います.Whiskyは,日本で買うよりも3倍から4倍の値段です.

  • Beer 320ml RM 12 (日本円 約320円)
  • Wine 750ml RM 50〜 (日本円 約1,300円)
  • Whisky 750ml RM 160〜 (日本円 約4,200円)
  • 日本酒 720ml RM 120〜 (日本円 約3,200円)
  • 焼酎 720ml RM 130〜 (日本円 約3,500円)

Whisky,日本酒,焼酎が好きな方は,免税の範囲で持ち込んだ方が良いと思います.

 

まとめ

Malaysiaの空港税関では,1ℓまでのお酒は免税で持ち込むことができます.

1ℓを超えるお酒については課税を払うことになり,割高になります.

 

Malaysia国内でも,お酒は購入することはできます.Beerやwineは比較的割安の値段でも買えますが,日本と比べると総じて高いです.

Malaysiaは総じてお酒の値段が高いので,お酒が好きな方は可能な範囲でお酒を持って行かれた方が良いと思います.

 

Malaysiaにお酒を持ち込む際の不安が,本記事で解けたら幸いです.

 

日本にいても,海外にいても気軽にonlineで英語学習ができる『レアジョブ』がおすすめです.

レアジョブなら1回レッスンが142円とコーヒー一杯分の値段で,将来に向けた自己投資ができます.


レアジョブ英会話

私も5年間以上レアジョブで英語学習を続けて,Malaysia駐在の機会を得ることができました.自己投資こそ,将来の収入を増やす王道だと思います.

上記リンクからたった10分ほどの登録で,無料のお試し授業を受けられます.ぜひお試しください

  • この記事を書いた人

こにゃん

【経歴】▶︎理系学問を専攻 ▶︎日本にて企業就職 ▶︎入社3年目マレーシア駐在 ●マレーシア駐在員 30代 ●英語 TOEIC 950点,中国語 HSK 5級(中国語の方が得意かも?) ●旅行好き,一番心に残っている旅は新疆(ウイグル) ●資産形成中 ■000万円,1億円資産ができたら経済的自由の道へ マレーシアお役立ち情報を発信しているので,Twitterもフォローしてね.

-マレーシア一般
-, ,

© 2021 コニャンのマレーシア赴任生活 Powered by AFFINGER5