マレーシア 住みやすさ KL

マレーシア生活

【移住3年目の体験】マレーシアの住みやすさ,移住先としての人気の秘密

2021年8月10日

広告

 

Malaysiaは,私のような20代の人が仕事を探して移住する先として人気だと聞きました.

実際にMalaysiaに住んでみて,住みやすさを感じるのはどんなところですか?

 

こにゃん
こんにちは,こにゃん(@こにゃん)です.

Malaysiaに住んでみて住みやすいと感じたところを紹介します.

東南Asiaにあるごちゃごちゃした雑多な感じは少ないですが,非常に快適に生活できる国こそMalaysiaです.

 

本記事は,Malaysia在住歴3年の私が,生活をしたり,仕事をしながらMalaysiaの住みやすさをまとめました.

 

これからMalaysia移住,赴任,現地採用を検討されている方にとって,現地での生活の良いところをお伝えするように本記事を書きました.

 

Malaysiaの住みやすさ

Kuala lumpur

 

日本人が引退した後に移住したい外国の国で常に人気を集めているMalaysiaですが,実際にMalaysia在住3年の私がMalaysiaの首都Kuala Lumpurに実際に住んでみて”住みやすさ”について解説します.

 

私がMalaysiaが住みやすいと感じる点は次になります.

 

Malaysiaが住みやすい点

  • 英語が日常生活で通じる
  • インフラが整っている
  • 生活費が日本よりも少し安い
  • 配車サービスが安くて便利
  • 年間を通して常夏,意外に暑すぎない
  • 花粉症に悩まされない
  • 住居は広くて,警備がしっかりしている
  • 外国人として疎外感を感じることが少ない
  • 日本との行き来にかかる時間が少ない
  • 日本人向けの飲食店・小売店が充実している
  • 治安は比較的良い

 

タレントのGacktさんもMalaysiaに移住されています.GacktさんがYouTube番組で語った移住を決断した理由を解説した記事もあわせてご覧ください.

 

あわせて読む
GacktさんがMalaysiaを移住地に選んだ理由に納得,Malaysia歴2年の私の感想

続きを見る

 

英語が日常生活で通じる

tujoh

 

Malaysiaが住みやすいと感じる最大の理由の一つは,「英語が日常生活で通じる」ことです.

 

Malaysia国内の都市圏,観光地であれば,英語だけで生活していくことができます.

 

Malaysiaは多民族国家で,国語であるMalay語の他に民族ごとの言語が話されます.英語は民族をつなぐ橋のような役割をしていて,同じMalaysia人同士でも英語で会話していることをよくみかけます.

 

Malaysiaの民族ごとによく話される言語一覧を紹介します.

 

Malay語 英語 中国語 Tamil語
Malay系
華僑(Chinese)
印僑(Indian)

 

表内の記号の意味は次になります.あくまで私個人の意見になります.

 

  • 「◎」は高確率で話せる
  • 「◯」は多くの場合通じる
  • 「(空欄)」は話せるかどうか個人による

 

文字の表記はアルファベットが中心で,街中のスーパーでは英語の表記が書かれているので,英語ができると自然に現地の生活に慣れることができます.

 

あわせて読む
マレーシア生活にマレー語は必要?まずは優先して英語の学習

続きを見る

 

外国生活で言語でつまずかないで,現地の人とすぐに打ち解けられる点は重要です.

 

インフラが整っている

masjid jamek 駅

 

Malaysiaは発展途上国と言われていますが,電気・水・インターネット・道路のインフラはしっかりとしています.

 

周辺のAsia諸国に旅行したことがありますが,Malaysiaは別格に発展していると思います.

 

停電は私がMalaysiaに移住して3年間に一度もありません.

 

水道局は恒例行事のように3ヶ月に一度断水を発表しますが,私は断水したら仕方ないと割り切っています.

 

私の自宅は屋上の貯水庫のおかげで断水をしたことがありませんが,水質は悪いと感じることがしばしばあります.

 

インターネットは問題なくつながります.

 

こにゃん
「雨の日になると,インターネットがつながりにくくなる」という風評がありますが,概ね回線速度で不満に思ったことはありません.

 

道路については舗装がきちんとされていますし,車が1時間に1mも進まないというような渋滞は起きることが少ないので,車で快適に生活することができます.

 

Malaysia 電車 KL

 

首都Kuala Lumpurであれば,電車・バスなどの公共交通機関も発達はしているので,車なしでも生活はできます.

 

地方都市では車移動が中心となるため,車がないと生活は多少不自由することになります.もちろん配車サービスがあるので,自家用車が必須というわけではありません.

 

生活費が日本よりも少し安い

KLCC petronas tower

 

生活費は日本よりも少し安いです.

 

Malaysiaでの私の家計簿を実際に公開していますが,家賃を除くと,日本で暮らした場合の80%-90%くらいです.

 

あわせて読む
2021年7月家計簿 マレーシア 生活費
【2021年7月度版】マレーシア駐在員の生活費公開

続きを見る

 

TV ,雑誌,blog記事で書かれているような「Malaysiaの物価は日本の3分の1」ということは半分本当で,半分嘘です.

 

日本での生活と同じ質をMalaysiaで求めると,結果としてMalaysiaでの生活費の方が高くなるという皮肉となります.

 

例えば,ゴルフは思いっきり遊びたいけど,食生活は質素でもよいなど,自分の中で生活の基準を下げられる点のメリハリが決まっている人はMalaysiaの生活費は抑えられます.

 

配車サービスが安くて便利

 

私がMalaysiaに住んでいて慣れすぎていて,日本に戻った時に苦労するだろうことは「配車サービスが安くて便利である」ことです.

 

Malaysiaの配車サービスは便利すぎます.

 

Malaysiaでは,「Grab」というMalaysia人創業者が作った配車アプリが主流です.現在地をGPSで読み取って,目的地を入力すると,自動で近くのGrab運転手を予約してくれます.

 

Grab Superapp

Grab Superapp

Grab.com無料posted withアプリーチ

 

料金は安い上に,目的地までの距離に応じて料金が設定される透明性の高い配車システムなので,Malaysia生活ではなくてはならない存在です.

 

歓送迎会でお酒を飲んだ時に,どんなに夜が遅くなっても,Grabで車を呼ぶと片道RM 20(日本円 約540円)で帰ることができます.

 

都市Kuala Lumpurは電車が比較的発達していますが,電車の乗り継ぎなどが不便ですので,近場の移動であればGrabで移動することが多いです.

 

年間を通して常夏,意外に暑すぎない

puchong 公園 自然

 

私がMalaysiaに初めて降り立ったのは,日本では紅葉が真っ盛りで寒くなり始めた11月ごろでしたが,Malaysia国際空港KLIAに降り立った瞬間にムアっとした熱気に包まれて驚きました.

 

Malaysiaの首都Kuala Lumpurは北緯3度に位置しているため,一年を通して気温の変化が少ないです.平均最高気温は32-33度,平均最低気温は23-24度です.

 

服装も半袖・半ズボン・サンダルという軽装で一年中生活できるので,服の持ち物が減りました.

 

引用:地球の歩き方 マレーシアの気候

 

いつでも気温が30度を超えていると聞くと,日本の夏のような残暑を思い浮かべるかもしれませんが,Malaysiaの”夏”は意外に快適です.

 

日中に太陽が照りつけている中,外で遊んでいるMalaysia人は見かけませんが,室内であれば風が涼しくて私はエアコンなしで扇風機だけを利用しています.

 

さらに,1日に1回は熱帯雨林気候のために突然雨が降り出します.短いときは15分ほど激しく雨が降ったかと思うとすぐに雨は止んで,止んだ後には涼しい空気が残ります.

 

カラッとした湿度ではないのですが,ジメジメすることもなく,室内では快適に過ごすことができます.私の肌は乾燥に弱かったのですが,Malaysiaの湿度のおかげで乾燥肌に悩むことがなくなりました.

 

花粉症に悩まされない

 Cameron highland

 

花粉症に悩まされている方は,海外で一度生活してみることをおすすめします.

 

私はもともと花粉症になりかけていて,日本に住んでいるときは3月になると突如として鼻がムズムズとしてきました.

 

Malaysiaに住んでいる間は花粉症の悩みから解放されて,非常に清々すがすがしいです.

 

住宅は広くて,警備はしっかりとしている

malaysia kuala lumpur コンドミニアム

 

家賃7万円を支払うと,首都Kuala Lumpurでも100平米の2LDKの高層階の部屋に住むことができます.

 

しかも,住民は無料で使えるプール・ジムが付いています.

 

日本の東京で7万円の家賃だと6畳の1DKがせいぜいですが,同じ家賃でも4倍以上広い部屋に住むことができるのはMalaysiaの良いところです.首都Kuala Lumpurでなければ,さらに広い部屋に住むことができます.

 

多くのコンドミニアム(日本でいうところのマンション)では,地上階に24時間在住の警備員が入り口を監視してくれています.さらに,エレベーターは住居の階でしか降りられないような警備がとられています.

 

宅配員も上の階まで上がって門の前まで荷物を届けられず自分で地上階まで降りていって荷物の受け取りをしなくてはならないことは不便ではあります.

 

反面連れ込みによる不審者の侵入が抑えられている点は評価すべきです.

 

Kuala Lumpurでおすすめの居住地については,次の記事をご参考ください.

 

あわせて読む
malaysia life
【マレーシア移住検討者向け】首都Kuala Lumpurの人気おすすめ居住地 8選

続きを見る

 

外国人としての疎外感を感じることが少ない

マレーシア 猫

 

世界中には多民族国家は数多くありますが,Malaysiaは民族同士の軋轢あつれきが比較的少ない国です(と外国人の私には見えます).

 

Malaysiaのカレンダーには,Malaysia建国に関する祝日,国家宗教であるIslam教関連の祝日,華僑の旧正月,Hindu教の祝祭など民族ごとの文化を取り入れており,Malaysiaの多様性を反映しています.

 

「みんな一緒ではない」ということが前提にあるので,外国人としてMalaysiaに暮らしていても疎外感を感じることは少ないです.

 

Malaysiaが新日国であることを割り引いても,Malaysiaの方はみんな私に親しみを持って接してくれます.

 

Malaysia人同士も英語で会話をすることが多いため,言語の障壁が低いことも大きな寄与をしているように思います.

 

あわせて読む
Islam in Malaysia
マレーシアのイスラム教割合は60%,日本人が上手に付き合うための心がけ4つ

続きを見る

 

日本との行き来にかかる時間が少ない

成田空港

 

日本とMalaysiaを飛行機で移動すると片道は半日で移動ができます.半日で移動できることは体力的にとてもありがたいです.

 

日本と半日で移動できる国としては,Malaysiaがギリギリの距離にあります.

 

海外移住した後も日本に3ヶ月に1度は帰りたいというのであれば,半日の移動距離は許容範囲です.

 

さらに,Malaysiaと日本の時差は1時間ですので移住後も日本とのやりとりがある方にとっては,Malaysiaは確実に有利な地理条件にあると言えるでしょう.

 

日本人向けの飲食店・小売店が充実している

Lot 10 Bukit bingtang ドンキホーテ

 

Malaysiaの首都Kuala Lumpurで生活するのであれば,日本の食べ物,モノは比較的手に入りやすいです.

 

Isetanが営業しているので日本の食料品はもともと手に入りやすい環境でしたが,さらに2021年3月にドンキホーテ一号店が開業したことで日本の食料品・モノ(低価格帯から,輸入果物,雑貨まで)を半日かけて飛行機に乗って買いに行かなくて良くなり,日本的なものが恋しい人にとって生活の質が格段に向上しました.

 

あわせて読む
マレーシア赴任の持ち物
マレーシアに単身で引っ越すときの持ち物【駐在・留学・移住準備】

続きを見る

 

Malaysia国内には2万人を超える日本人がいると言われており,日本料理のお店は充実しています.高級寿司店から大衆居酒屋,ラーメン店まで選択肢は幅広くあります.

 

あわせて読む
マレーシア ラーメン7選
マレーシア首都圏のおすすめラーメン店 7選【2021年3月版】

続きを見る

 

普段はMalaysiaの地元料理を食べていても,たまにはお寿司が食べたいなというときは休日のランチでふらっとお寿司屋に寄ったり,刺身を買って帰ったりしています.

 

あわせて読む
海宝丸 kaihomaru 寿司ランチセット
『海宝丸(Kaihomaru)』KLで新鮮かつお手頃な価格のお寿司!@Bukit Bintang

続きを見る

 

治安は比較的良い

Perdana植物園 池

 

Malaysiaに3年住んでいますが,幸いにも今まで犯罪に巻き込まれたことはありません.日本人の知り合いでも犯罪にあったという話を聞いたことはありませんので,体感としては治安は良いと感じます.

 

2019年時点の犯罪統計に関して,日本とMalaysiaを比較した.人口あたりの犯罪件数で見ると,客観的にはMalaysiaの方が治安は悪いということにはなります.

 

2019年 日本 Malaysia
殺人 950名 310名
強制性行 1,405名 1,738名
強盗 1,511名 9,729名

 

 

ちなみに,Malaysiaの人口は約3,200万人で,日本の人口の約4分の1です.

 

日付が変わる遅くまで飲んでいても,歩いたり電車に乗ることなく,Grabで自宅にまっすぐ帰宅できるので,夜一人で歩いていて怖い目にあったことは少ないです.

 

日本であろうが,Malaysiaであろうが,危ないところには近づかないということに気をつけていれば,犯罪に巻き込まれる可能性は主体的に下げることができます.

 

個人的な意見ですが,Malaysiaでは性産業が発達していないため,あまり怪しいおじさん・おばさんが少ないことが治安の良さの遠因であると思います.

 

あわせて読む
マレーシア 治安 犯罪 旅行
【旅行者・移住者必見】マレーシアの治安は良い?駐在者が教える犯罪に巻き込まれないための心得

続きを見る

 

まとめ:Malaysiaは,日本人にとって親しみやすく便利なところが多い

monroe hotel

 

Malaysiaの首都Kuala Lumpurに3年住んでいる私が思う,Malaysiaの住みやすいところをまとめました.

 

Malaysiaが住みやすい点

  • 英語が日常生活で通じる
  • インフラが整っている
  • 生活費が日本よりも少し安い
  • 配車サービスが安くて便利
  • 年間を通して常夏,意外に暑すぎない
  • 花粉症に悩まされない
  • 住居は広くて,警備がしっかりしている
  • 外国人として疎外感を感じることが少ない
  • 日本との行き来にかかる時間が少ない
  • 日本人向けの飲食店・小売店が充実している
  • 治安は比較的良い

 

初めて海外に住まれるとしても,Malaysiaであればゆっくり馴染んでいける,そんな寛容な国です.言葉の上での障害が少ないだけではなく,Malaysianの人は温厚な性格ですぐに打ち解けられます.

 

インフラ面でも基本的なところでは問題なく,快適に過ごすことができます.

 

もしMalaysiaへの移住に興味を持たれているならば,ぜひ1ヶ月の旅行でMalaysiaに滞在してご自身に現地の雰囲気が合うかどうかお試しください.

 

 

逆に,「Malaysiaに移住して後悔したことはある?」というご質問を友だちに聞かれることがありますが,私の答えは次の記事に書きました.ぜひあわせてお読みください.

 

あわせて読む
マレーシア 移住 後悔 デメリット
【実体験】マレーシアに移住して後悔したこと 9つ

続きを見る

 

ここまで本記事をお読みいただきありがとうございます.

 

最後に,日本にいても,海外にいても気軽にonlineで英語学習ができる『レアジョブ』を紹介させてください.

 

レアジョブなら1回レッスンが142円とコーヒー一杯分の値段で,将来に向けた英語の自己投資ができます.

 

 

レアジョブ英会話 無料体験レッスンはこちら

 

私も学生の頃から5年間以上レアジョブで英語学習を続けて,Malaysia駐在の機会を得ることができました.

 

自己投資こそ,将来の収入を増やす王道だと思います.

 

上記リンクからたった10分ほどの登録で,無料のお試し授業を受けられます.ぜひお試しください.

 
こにゃん
Twitter@こにゃんでマレーシア最新情報の発信もしています.   気軽にフォローしてくださいね.  
  「にほんブログ村」のランキングに参加しています.   ぜひクリックして応援してください!    
  • この記事を書いた人

こにゃん

【経歴】▶︎日本にて企業就職 ▶︎入社3年目マレーシア駐在 ●マレーシア駐在員 ●英語 TOEIC 950点,中国語 HSK 5級(中国語の方が得意かも?) ●旅行好き ●資産形成中 ■000万円,1億円資産ができたら経済的自由の道へ マレーシアお役立ち情報を発信しているので,Twitterもフォローしてね.

-マレーシア生活
-, ,

© 2021 こにゃんのマレーシア駐在記 Powered by AFFINGER5