鬼仔巷 KWAI CHAI HONG

マレーシア遊び

鬼仔巷(Kwai Chai Hong)| チャイナタウンの古き良き香りを感じる新観光スポット【おすすめレストラン紹介】

2021年4月10日

広告

 

こにゃん
こんにちは,こにゃん(@こにゃん)です.

 

本記事では次の疑問にお答えします.

 

Kuala Lumpur観光のはてな

  • Malaysia観光でおすすめの場所を知りたい
  • Kuala Lumpurにある中華街はどんな雰囲気?
  • Malaysia華僑の文化を体感できる場所はどこ?

 

Kuala Lumpurの有名観光名所「唐人街(チャイナタウン)」の一画に新たな観光地「鬼仔巷(Kwai Chai Hong)」ができました.

 

本記事は次のような方におすすめです.

 

こんな方におすすめ

  • 日本からMalaysiaに旅行予定の方
  • Kuala Lumpur在住で地元の観光をしたい方
  • Kuala Lumpurで美味しいレストラン・バーを探している方

 

私はMalaysiaのKuala Lumpurに3年住んでいて,現地のさまざまな情報を収集しています.

 

現地在住者の視点で,Kuala Lumpurの中華街近くの新しい観光地「鬼仔巷(Kwai Chai Hong)」をご紹介します.

 

本記事のポイント

  • Malaysiaの中華街近くにできた古き良き時代の「鬼仔巷(Kwai Chai Hong)
  • 週末ごとに混雑する中華文化を感じるおすすめの新しい観光地
  • 鬼仔巷の近くには,おすすめのレストラン・バーが多数点在

 

中国から渡ってきた唐人の生活を感じながら,おしゃれなお店を歩くことができる場所です.

 

Kuala Lumpurの人気観光地「唐人街(チャイナ・タウン)」へ

 

世界各国からMalaysiaの首都Kuala Lumpurを訪れる多くの観光客が「唐人街(Chinatown)」を訪れます.

 

 

 

こちらもCHECK

マレーシアで中国語は通じる 漢字 繁体字 中国系 簡体字 留学
マレーシアで中国語は通じる?マレーシア在住者が解説【中国語は通じるけど,教科書通りではない】

続きを見る

 

チャイナタウンの外れにできた新観光名所

 

今回ご紹介する「鬼仔巷(Kwai Chai Hong)」は,唐人街から歩いて5分ほどの場所に位置します.

 

下の写真,奥が唐人街です.写真手前の左手すぐに「鬼仔巷」があります.

 

唐人街 china town

 

Pasar Seni駅から直接歩いて5分ほどです.通りの奥待ったところに,入り口があります.

 

赤い提灯と隣の黄色いお店「青青(Pandan Republic)」が目印です.

 

鬼仔巷 KWAI CHAI HONG

 

「鬼仔巷(Kwai Chai Hong)」の滞在時間は,食べ歩き込みでで30分から1時間が目安です.

 

華僑の先祖の暮らしを思い起こす壁画

 

「鬼仔巷(Kwai Chai Hong)」は,2008年KL開発計画のもと唐人街近くの一画に開発された商業地区で,中庭を中心として中庭を囲むようにお店が並んでいます.

 

入場は無料です.

 

紅橋

 

入り口すぐに,「紅橋(红桥,Hongqiao)」という作品名の橋があります.

 

鬼仔巷 KWAI CHAI HONG 红桥

 

橋の欄干らんかんの上に腰掛けた,若いcoupleの初々しい恋模様が描かれています.

 

中庭

 

橋を渡ると中庭に出ます.

 

中庭の壁画には,1960年代にMalay半島に移住してきた華僑の日常生活が描かれています.

 

鬼仔巷 KWAI CHAI HONG

 

1960年代は中国大陸では激動の年代です.

 

こにゃん
Malaysiaの華僑と中国人旅行客にとっては,郷愁を呼び起こされる場所なのだろうと思います.

 

1958年大躍進政策が始まり,1960年に終了.

 

そして1966年,文化大革命へと人民は時代の波に巻き込まれていきます

 

壁画

 

下の壁画にある,「海南茶室」は現在も営業をしています.

 

壁画の床屋のおじさんの前に実物の椅子が置いてあり,壁画と一緒に写真を撮ることができます.

 

鬼仔巷 KWAI CHAI HONG

 

1960年当時の人々の生活の音を聞こえてきたり匂いが漂ってきそうな時間を超えた空間になっています.

 

5人の芸術家が,それぞれの個性を活かして華僑の生活を壁画として描いています.

 

鬼仔巷の創作に関わった芸術家

  • 郭先楠
  • 陈国胜
  • 祝福荣
  • 周永友
  • 黃烈明

 

壁画の横にQR codeがあり,QR codeを読み取ることで作家情報と壁画の解説をみることができます.

 

美食基地

 

『鬼仔巷』の周りは「美食基地」という名前のrestaurant街になっています.

 

鬼仔巷 美食基地

 

唐人街周辺のおすすめ見どころ・レストランは次の記事にまとめましたので,あわせてお読みください.

 

こちらもCHECK

唐人街 Petaling Street(茨廠街)チャイナタウン マレーシア クアラランプール 寺院 食事 ご飯 カフェ レストラン おすすめ セントラルマーケット お土産
【在住者が教える】マレーシアのチャイナタウン | おすすめ観光名所・グルメ

続きを見る

 

流行の中華料理やデザートなど,美食の宝庫です.

 

「鬼仔巷」の歴史

 

「鬼仔巷」の読み方「Kwai Chai Hong」は,普通话(中国の標準語)ではありません.広東語の発音です.

 

こにゃん
中国語の標準語は分かっても,広東語は全然違う言語です.

 

広東語から直訳すると,次の意味になるそうです.

 

鬼仔巷の解釈

  • 「Ghost Lane(鬼のいる小径)」
  • 「Little Demon Alley(幽霊通り)」

→ Kwai Chai Hong: Neglected lane in KL's Chinatown restored

 

 

鬼仔巷 KWAI CHAI HONG

 

「鬼仔巷」の名前の由来には定説はありませんが,名前の由来に関する説を2つご紹介します.

 

鬼仔巷の名前の由来諸説

  1. 雨の日に遊ぶ子どもに由来する説
  2. 非合法な活動(賭博,阿片,売春)を営む人に由来する説

 

雨の日に遊ぶ子どもに由来する説

 

雨の日に巷で飛び跳ねて遊ぶ子どもたちを,大人たちが揶揄して「鬼仔」と呼びました.

 

ビー玉で遊ぶ子どもたちの壁画があり,時代を超えて楽しそうな子どもの声が聞こえてきそうです.

 

鬼仔巷 KWAI CHAI HONG

 

子どもたちが遊びまわる声を聞くと住民の人は,子どもたちが悪ふざけをしていると思い,「死鬼仔」と読んだようです.

 

「死鬼仔」は,日本語で言うと「悪ガキ」が語感として近いです.

 

「悪ガキのいるちまた」と言うことで『鬼仔巷』と言う地名が定着した説です.

 

こにゃん
脱線ですが,大戦中の言葉で「日本鬼子」は,日本人を卑下する言葉です…

 

香川照之さんが出演されている姜文(Jiang Wen)監督の中国映画『鬼子来了(邦題:鬼が来た)』をご覧いただくと「鬼子」のもつ言葉の意味がよくわかります.


 

非合法な活動(賭博,阿片,売春)を営む人に由来する説

 

「鬼仔巷」があった場所は,かつて非合法な活動の中心となっていました.

 

非合法なことに従事する人々とは,次のような種類の人たちです.

 

  • 賭博をする人(赌鬼)
  • 阿片に手を出す人(烟鬼)
  • 売春をする人(嫖鬼)

 

次の写真は,窓からスカーフを出して手招きする妓女の壁画です.

 

鬼仔巷 KWAI CHAI HONG

 

「鬼仔巷」は,非合法なことを生業とする人々がたむろする場所として認識されていたようです.

 

日の当たらない場所で活躍する人々の集まる場所として,地名が鬼仔巷となった説を唱える人がいます.

 

『鬼仔巷』への行き方

 

電車で行かれる方は,Pasar Seni駅で下車してください.駅から徒歩5分ほどで到着します.

 

『鬼仔巷』周辺に何箇所か有料駐車場もありますので,車で行かれる際はぜひ周辺の駐車場をご活用ください.路方に停めるのは混むので,おすすめしません.

 

住所 Lorong Panggung, City Centre, 50000 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur

公式site

Facebook
Instagram

 

まとめ:60年前に中国からマレーシア移住してきた人々の日常が感じられる

 

Kuala Lumpur観光に来たら唐人街(チャイナタウン)とあわせて,新たな観光名所「鬼仔巷(Kwai Chai Hong)」も訪れてみてください.

 

鬼仔巷 Kwai Chai Hong

 

現代のMalasyiaでは華僑の子孫たちは経済的には比較的豊かな暮らしをしていますが,移住した当時は決して楽な生活ではありませんでした.

 

壁画に書かれた当時の華僑の生活に思いを馳せてみると,ふと壁画の中の子どもたちの遊びごえが聞こえてきそうです.

 

「鬼仔巷」周辺には,次々に人気の飲食店が出店していますので美食を片手に1960年台の華僑の生活に想いをはせてみてください.

 

こちらもCHECK

hammam spa bangsar south kuala lumpur おすすめスパ 垢おとし マッサージ ハマム スパ
Hammam Spa | マレーシアでモロッコ式スパ体験【生まれ変わった肌を実感】

続きを見る

こちらもCHECK

Pintasan Saloma KLCC Kampung Baru Twin Tower 旅行 写真 ピンタサン・サロマ
『Pintasan Saloma』ツイン・タワーをおしゃれに撮るならここ!LED輝く歩道橋@KLCC

続きを見る

こちらもCHECK

Batu caves バトゥ洞窟 クアラランプールから 行き方 服装 日帰り 観光
【日帰り観光】バトゥ洞窟 | クアラランプール郊外の色彩豊かなHindu教聖地へ

続きを見る

 

 
こにゃん
Twitter@こにゃんでマレーシア最新情報の発信もしています.   気軽にフォローしてくださいね.  
 
  • この記事を書いた人

こにゃん

月間1万PVのブログ「こにゃんのマレーシア駐在記」運営 ブログでは,海外駐在員、マレーシア生活・旅行,英語・中国語学習を発信しています. ● 20代でマレーシア駐在員 ●英語TOEIC 950点 ●中国語 HSK 5級 ●資産形成中 ■000万円,1億円資産ができたら経済的自由の道へ マレーシアお役立ち情報を発信しているので,Twitterもフォローしてね. 仕事の依頼は「お問い合わせ」からお願いいたします.

-マレーシア遊び
-, , ,

© 2022 こにゃんのマレーシア駐在記 Powered by AFFINGER5