China

中国語学習 語学学習

マレーシアで中国語は通じるの?【中国語は通じるけど,教科書通りではない】

2021年3月13日

広告

 

Malaysiaに今後仕事で行くことになりました.

Malaysiaでは中国語(普通话)が通じると聞いたのですが,実際現地で中国語は通じるのですか?

私はHSK 4級までは取得したのですが,現地で簡単な挨拶ができればと思っています.

 

こにゃん
こんにちは,こにゃん(@こにゃん)です.

Malaysiaの華僑(中国系の子孫)とであれば,多くの場合,普通话(中国語)で意思疎通できます.

しかし,中国大陸で離される言葉とは違うところが多いですので,中国語学習者にとっても難易度は高いです.

素直に英語でMalaysia人と話した方が良いと思います.

 

HSK 6級(中国政府公認の中国語検定 最高級)を受験中で,Malaysia歴2年の私が,Malaysiaでの中国語について書きます.

この記事は,次のような方にお役に立てるように書いています.

こんな方におすすめ

  • 中国語の学習歴があり,Malaysiaに行く予定がある
  • Malaysiaで中国語を勉強することに興味がある
  • すでにMalaysiaにいて,中国語を学習してみたい

 

この記事の内容は次になります.

本記事の内容

  • Malaysiaにおける華僑人口 23%
  • 中国語は通じるが,中国語方言が根強い
  • 中国語学習目的では,Malaysiaは不利
  • 中国語ができると,Malaysiaをさらに深く理解できる

 

多民族国家Malaysiaの中で,華僑は23%

Malaysiaには華僑と呼ばれる,中国大陸を先祖にもつ子孫が多く住んでいます.

様々な理由で中国大陸からMalaysiaに移住した人たちです.

  • 中国での生活に困窮してMalaysiaに活路を目指した人
  • 貿易上の要塞であるMelaca海峡を拠点にするために移住した商人
  • 英国植民地時代のMalaysiaで錫発掘のために,同じく英国植民地の中国から連れてこられた労働者

 

Malaysiaの人種構成

Malaysiaは多民族国家です.人口約3,200万人の人種構成は次のようになっています.

Malaysia 人種別人口

  • 70% Malay系(Bumiputera)
  • 23% 華僑(Chinese)
  • 7% 印僑(Indian)

→出典:Malaysia統計局 Current Population Estimates, Malaysia, 2020

 

Chineseと呼ばれるけれど,国籍はMalaysia

Malaysiaの華僑は,”(Malaysian)Chinese”と国内で呼ばれています.

"Chinese"と呼ばれる華僑の人は,たまに中国人(中国国籍)と外国人に勘違いされることがありますが,あくまで国籍はMalaysiaです.

 

華僑は国内の様々な場所に分散して生活しているので,いわゆる中華街は少ないです.

街中の至るところに中華系のお店があり,中国語(繁体字)の看板を目にすることができます.

Restoran Ruby 祖传芝麻糊大王

Malaysia文化の中に,中国語が溶け込んでいます.

 

さらに,多民族国家のMalaysiaでは,華僑の重大な祝日である春節(Chinese New Year)もお祝いをします.

春節の時期は農歴(旧暦)に従っているため,中国大陸と同じ日程で始まり,Malaysiaでも国家休日となります.

ただし,休みは(春節の)正月から2,3日ほどです.

bangsar village chinese new year

 

2021年の干支は「」です.

”Happy Niu(牛) Year”と言う冗談も聞かれた2021年の春節で話題となった,飛び出す牛の屋外広告を紹介しますね.

 

中国語は通じるけれど,英語の方が通じやすい

Malaysia華僑の人は,中華系の学校で普通語を習うために,基本的には普通語を話せることが多いです.

中には,International schoolに通っている華僑の人もいるため,一概に華僑全員が中国語(普通語)を話せるというわけではありません.

Kwong Wah Ice Kacang

Malaysiaの国語はMalay語ですが,日常生活,仕事上は英語を使用します.

Malay語は義務教育として教えられているので,Malaysia人はMaly語を話せます.

ただし,Malay語は主に公共機関や政治の場で使用されており,日常で使う言語は英語に取って代わられています.

 

Malaysiaに移住を検討されている方は,英語さえできればまずは生活における意思疎通は問題ないと思います.

華僑の中でも話す言葉が違う

華僑のcommunity内では,英語よりも,中国語を好んで使用する傾向があるように観察されます.

もし,中国語を話せるならば,華僑の輪の中で中国語で話すことができます.

 

一概に中国語といっても,Malaysia華僑の話す中国語は多岐にわたります.

  • 広東語
  • 閩南語
  • 客家語

 

私の華僑の同僚を見ていても,出身地によって中国語のどの方言を話せるかは異なります.

私の周りには広東語を話す華僑が多いですが,中には広東語を話せない華僑もいます.

 

もしお互いに共通の方言で話せない時は,華僑同士でも英語もしくは中国語(普通語)で話します.

もちろん,会話の輪の中に1人でも中国語を話せない人がいる場合は,英語もしくはMalay語で会話がなされます.

 

華僑の人と生活圏が近い

華僑の人口は全国人口比で23%しかありません.

一方で都市部には華僑の割合が多く,特に民間企業で働いている華僑が多いため,私の日常で接するMalaysia人の80%くらいは華僑という印象です.

 

したがって,華僑の人口比で見るよりも,もっと多い確率で中国語が使われている場面に出逢います.

 

日本人である私が自然と生活をしていると,生活圏内が華僑と重なり合っていきます.

一般的な傾向ですが,Malay系は公務員に多く,華僑は民間企業で働いている人が多いです.

そのため,私のMalaysia人の同僚の80%くらいは華僑です.

 

会社内のmail,打ち合わせの言語は基本的に英語です.

しかし,席で雑談のように話す時は,華僑同士は中国語で意思疎通をしています.

 

私は中国語(普通語)が話せるので,華僑の同僚の会話が耳に入ってくると何となく理解できることもあ理ます.

多くの場合,広東語が途中に混じってきて,発音も南方の訛りなので私には聞き取れなくなります.

kwai chai hong

華僑は,中国語(普通語,広東語)を話せるため,中国大陸,台湾,香港との商取引を行う人もいて,経済的に豊かな人が多いことも特徴です.

また,Malaysia国内でも華僑による商売networkがあり,私たち日本人では手に入らないような情報,人脈を生かして華僑businessが発展しています.

 

中国語ができることで,華僑の人脈networkから有益な情報を得られることもあると思います.

 

普段の食事の場面でも,自然と華僑と接する機会は多く中国語を耳にする機会があります.

街中には,華僑の人が営んでいる中華料理屋がたくさんあります.

 

私の味覚は,どちらかというとMalay料理よりも中華料理の方がしっくりくるため,自然と外食をするときは中華料理屋を選びがちになります.

華僑の人と同じ生活圏で行動することになります.

 

Malay系の人は(大部分が)Islam教であるため,豚肉,アルコールを摂取することができません.

豚肉,料理酒を使うことが多い中華料理屋に行くと,自然とMalay系とは生活圏内がずれてきます.

 

Malaysiaで中国語(普通語)は上達する?

「Malaysiaで生活していると自然と中国語は上達するか」と聞かれることがあります.

私の答えは,「No」です.

 

Malaysiaで特別に中国語学習を意識して日常生活を送っていない限り,中国語は上達しません.

理由は次の通りです.

  1. Malaysia華僑は,広東語などの方言を多用するため普通語は身につきずらい
  2. Malaysia人は英語を流暢に話すために,言葉の問題で意思疎通に困ることが少ない

理由について説明します.

中国語の方言が根強い

広東省,福建省が多くの先祖の出身地であるMalaysia華僑は,家庭内,地域で話す言葉は,広東語,閩南語,客家語など,中国の方言です.

外国人が学習する中国語は普通語であるために,中国語学習歴のある人でもMalaysia華僑の話す”中国語”は聞き取れません.

 

普通語が分かれば,広東語,閩南語,客家語もある程度理解できますか?
広東語,閩南語,客家語と普通語は,異なる言語と言って良いほど発音・文法が異なります.

(中国大陸出身の)中国人の知り合いも,Malaysia華僑が話している中国語は何を言っているか分からないと言っていました.

こにゃん

日本で置き換えると,東北,沖縄の方言が標準語とかけ離れているのと同じ構図です.

 

Malaysia華僑は,意識すれば,学校で習った標準に近い発音で普通語を話すことはできます.

しかし,日常生活では,慣れ親しんだ広東語などの方言を多用しており,あえて発音を修正して普通語を話すことは少ないです.

 

中国語学習者が,日常生活で中国語を使って練習できると思ってMalaysiaに来ると肩透かしになります.

 

英語が通じるので,あえて中国語を使う意識が保てない

Malaysiaに来た当初は,私は中国語に加えてMaly語も学習しようと意気込んでいました.

しかし,Malaysiaに来て数ヶ月でMalay語は学習断念しました.中国語は元から話せたので自主学習は続けましたが,あまり中国語学習の意欲を保てませんでした.

なぜなら,「英語があまりに通じるために,あえて中国語(とMalay語)を使う必要がない」ためです.

 

いえいえ,こにゃんさん,「郷にいれば郷に従え」と言うではありませんか.

 

私は現地の言葉を学習するつもりはありません(と言うよりも学習するつもりでした).

Malaysiaの場合,中国語(Malay語)でなくては意思疎通ができずに困ったという場面に出くわさないために学習意識を持ちずらいことが原因です.

中国語でもたついていると,代わりに英語で話しかけられて,それで意思疎通ができてしまい中国語がなかなか上達しませんでした.

こにゃん

 

一方で,中国語(普通語)を話せる人が周りにたくさんいる環境なので,華僑の知人にお願いして意図的に中国語だけで話しかけてもらうと言う訓練はしやすいです.

 

ただし,中国語の基礎から始めたいと言う場合は,きちんと語学学校,専門の家庭教師に習うのがおすすめです.

Onlineで中国学習をするなら,『Ciiitz(シーズ)』がおすすめです.第二言語習得論(SLA)と認知心理学をもとにした中国語学習方法は初心者の方でも効率的にHSK 4級まで最短で学習することができます.

 

シーズ中国語オンラインコーチング

無料でカウンセリングを受けられますので,ぜひ上のlinkからお試しください.

 

中国語ができるとMalaysiaはもっと深く理解できる

Malaysiaで中国語を学習することに否定的なことばかり書いてしまいましたので,最後にMalaysiaで中国語が話せると良いことを紹介して本記事を終わりにしたいと思います.

  1. 華僑の人と意思疎通がより円滑になる
  2. 華僑・中国人との商売につながる
  3. 中国語で書かれた情報を見ることで,英語では得られない情報を得られる

英語が話せればMalaysia生活は楽しく送ることができます.

中国語からきた概念や言葉を理解することで,Malaysia華僑の文化に一歩近づくことができます.

penang

 

Malaysiaでは,英語で新聞を読むことができます.中国語ができると,華僑が書いた新聞からも情報を得ることができます.

英語の報道機関はMalaysia政府に配慮した記事の書き方をしますが,華僑の新聞は時には痛烈に政府批判をしたり,商売に関する有益な情報を拾うことができます.

 

私のおすすめの華僑系の新聞は,南洋商報です.中国語に自信のある方はぜひご覧になってください.

→ 南洋商报

 

まとめ

melaca church

Malaysiaでは,中国語は多くの場面で通じます.そして,商取引をする上でも中国語は役に立ちます.

ただし,中国語と言っても,教科書で習う普通語ではなく,広東語,閩南語,客家語など方言が広く使われているために,中国語上級者でも面を食らいます.

 

中国語(普通語)ができると,経済力を持った華僑から,英語とは違う情報を得ることができて,Malaysiaの情勢を深く理解ことができます.

 

中国語を初めて学習される方は,onlineで学習できるCiiitz(シーズ)をお試しください.

下記のlinkで無料でカウンセリングを受けられます.受講者の中国語levelに応じて最適の学習法を教えてもらえます.

 

 
こにゃん
Twitter@こにゃんでマレーシア最新情報の発信もしています.   気軽にフォローしてくださいね.  
  「にほんブログ村」のランキングに参加しています.   ぜひクリックして応援してください!    
  • この記事を書いた人

こにゃん

【経歴】▶︎日本にて企業就職 ▶︎入社3年目マレーシア駐在 ●マレーシア駐在員 ●英語 TOEIC 950点,中国語 HSK 5級(中国語の方が得意かも?) ●旅行好き ●資産形成中 ■000万円,1億円資産ができたら経済的自由の道へ マレーシアお役立ち情報を発信しているので,Twitterもフォローしてね.

-中国語学習, 語学学習
-, ,

© 2021 こにゃんのマレーシア駐在記 Powered by AFFINGER5