マレーシア 仮想通貨 暗号資産

マレーシア生活

マレーシアで仮想通貨(暗号資産)の取引の始め方【RM25もらえるお得情報】

広告

 

Malaysiaに移住して1年以上経ちます.

日本に住んでいるときはBitcoinに少額投資していたのですが,Malaysiaでも仮想通貨(暗号資産)取引をしてみたいのですがどのように始めたら良いですか?

 

こにゃん
こんにちは,こにゃん(@こにゃん)です.

Malaysia国内には仮想通貨取引所が3社あります.本記事では,Malaysiaでの仮想通貨取引が有利になることを解説して,口座開設をする取引所を紹介します.

 

Malaysia人のTwitter上でも仮想通貨の投資が話題に上がることがあり,Malaysiaでも仮想通貨が人気となっているのを感じます.

 

Malaysiaに住まれている方向けに,Malaysia国内で仮想通貨(暗号資産)を取引するための取引所,口座開設方法をご紹介します.

 

口座開設でRM 25相当のBitcoinがもらえるお得な情報もあるので,ぜひ最後まで記事をお読みください.

 

注意

いわずもがなですが,投資は自己責任でお願いします.

 

Malaysia居住者であれば簡単に仮想通貨取引口座開設

マレーシア ペトロナスタワー

 

Malaysia国内で仮想通貨に投資するためには,原則としてMalaysia国内の仮想通貨取引所で口座を開設する必要があります.

 

Visaを取得してMalaysiaに住居を持っている人であれば,数日で仮想通貨取引用の口座開設ができます.

 

日本非居住者となった時点で多くの日本の仮想通貨(暗号資産)取引所の口座は凍結・解約する必要があります.

 

しかし,仮想通貨であれば,日本,Malaysiaどこで投資しても同じ”通貨”ですので,Malaysiaでも同じように口座開設をして取引を再開することができます.

 

Malaysiaで仮想通貨取引が有利な理由

 

Malaysia居住者が,Malaysiaで仮想通貨取引をする場合に有利な点を紹介します.

 

日本では仮想通貨取引に対して法整備が進んではいるものの,株式投資と同様の税制の優遇を得られず,仮想通貨の資産に関する確定申告が手間になります.

 

日本の仮想通貨に対する制度が厳しい,もしくは面倒だという理由で仮想通貨取引を敬遠する人もいますが,Malaysiaは仮想通貨取引をするには有利となっています.

 

ポイント

Malaysiaは仮想通貨の取引で生じた利益は非課税ですので,表面上の利益を100%受け取ることができます.

 

Malaysiaで仮想通貨取引が有利な理由

Malaysiaで仮想通貨取引が有利な最大の理由は,仮想通貨取引で得た利益は非課税であることです.

 

仮想通貨の値段は乱高下することは自分の意思でコントロールできませんが,税金の部分については非居住者という条件を利用して非課税とすることができます.

 

ポイント

Malaysiaに居住して,日本非居住者となったあかつきには,仮想通貨取引に対する非課税の恩恵を受けることができます.

 

ただし日本居住者が,Malaysiaの仮想通貨取引所で取引をして(一定額以上)利益を出した場合は確定申告をして,日本国に納税しなくてはなりません.

 

日本で仮想通貨取引が面倒な理由

日本では仮想通貨で得た利益が一定額(会社員の場合は20万円)を超えると雑所得して申告しなければなりません.

 

雑所得は総合課税の対象で,給与所得などの収入に応じて課税される税率が変わってきます.

 

ココがダメ

  • 累進課税により税率は最大55%
  • 損失を翌年以降に繰り越すことができない

freee:最大税率55%!知らないと困る仮想通貨の課税

 

ポイント

日本では仮想通貨取引で利益を出したとしても税率が高く,逆に取引で損した場合は税制上の優遇を得づらくなっています.

 

本記事をお読みの読者の方が日本在住で,仮想通貨で(日本円で)利益を出されている場合は確定申告が必要になります.

 

クラウド会計ソフトシェアNo.1で,会計・簿記の知識がなくてもスマホ一台で確定申告ができる『freee(フリー)』をぜひお試しください.

 

 

会計freeeの無料会員登録

 

Malaysiaでの仮想通貨取引

 

Malaysiaにお住まいの方に,実際にMalaysia国内で仮想通貨の取引をするための取引所をご紹介します.

 

口座開設のお得情報もありますので,この機会に口座開設をご検討されてはいかがでしょうか.

 

Malaysiaでは仮想通貨取引はできる?

Malaysia国内では,仮想通貨取引は合法的に行えます.

 

日本国籍であっても,MalaysiaのVisaを提出して認められば口座開設をして仮想通貨取引ができます.

 

2018年2月にMalaysiaの中央銀行であるBank Negaraは,「暗号資産に関する反マネーロンダリングおよびテロ組織資金供給対策の方針」を発表しました.

Bank Negara: Anti-Money Laundering and Counter Financing of Terrorism (AML/CFT) – Digital Currencies (Sector 6)

 

仮想通貨取引は許可制となっており,当局は取引所に対して個人の身元確認および資産調査を徹底して行うことを義務づけています.

 

Malaysia国内の仮想通貨取引所

 

2010年1月に施工された法律で,仮想通貨取引所はMalaysia証券委員会(Securities Commission Malaysia)の営業許可が義務付けらました.

 

Malaysia証券委員会によると,Malaysia国内で認可されている仮想通貨取引所は3社のみになります.(2021年5月時点)

 

  • Luno Malaysia Sdn. Bhd.
  • SINEGY Technologies (M) Sdn. Bhd.
  • Tokenize Technology (M) Sdn. Bhd.

Securities Commission Malaysia:LIST OF REGISTERED DIGITAL ASSET EXCHANGES

 

仮想通貨取引所の比較

マレーシア 仮想通貨 暗号資産

 

Malaysia国内の仮想通貨取引所の比較は次になります.

 

会社名 取扱通貨 預け入れ手数料 引き出し手数料 取引手数料(買い手) 取引手数料(売り手)
Luno BTC, ETH,BCH,XPR,LTC 無料(RM100以上) 無料 0%-0.25% 0.15%-0.5%
Sinegy BTC,ETH 無料 RM 0.1 0.25% 0.5%
Tokenize BTC,ETH,LTC,XPR 無料 無料(RM 300以上) 0% 0.848%

 

ポイント

Malaysia国内仮想通貨取引所3社の取引手数料(買い手,売り手合計)はほぼ横並びですが,取り扱っている仮想通貨の数ではLuno社が一番多いです.

 

Luno Malaysiaの代表によると,Luno MalaysiaはMalaysia国内の仮想通貨取引の90%を扱っているそうです.

 

2020年は8万人がLunoで新規口座開設を行っており,2021年はさらに口座開設の件数が増える見込みとなっています.

→NNA:暗号資産の取引増加、世界的な人気高まりで

 

仮想通貨取引口座開設に必要なもの

 

私はLuno社で口座開設をしました.

 

Luno社で口座開設をした際に提出を求められた書類は次になります.

 

口座開設に必要なもの

  • 身分証明書(Passport)
  • 顔写真
  • Visa
  • 住所を証明する公共料金の領収書

 

全てweb上での手続きで,口座開設に必要なものは写真をとってuploadします.

 

申請から稼働日2,3日で口座開設の連絡があります.

 

 

Malaysiaで口座開設をするお得情報をお伝えします.

 

英国資本の仮想通貨取引会社『Luno』の口座開設を次のリンクから行っていただくだけで,RM 25相当のBitcoinがもらえます.

 

Luno

 

Lunoで口座開設【無料登録】

 

口座開設は無料で,しかもRM 25相当のBitcoinをもらえるので,仮想通貨取引に興味のあるMalaysia在住の方はぜひ口座開設をしてみてください.

 

日本の仮想通貨取引所はMalayisaに参入したけれど…

日本における仮想通貨(暗号資産)の出来高No.1を誇る『BITPoint(ビットポイント)』は,2018年5月17日にMalaysiaでの仮想通貨取引業を行うことを発表しました.

 

しかし,証券取引所の許可がおりなかったために,2021年現時点ではBITPointMalaysia国内での取引業務を停止しています.

 

日本の大手取引所の参入も制限するほど,Malaysia証券委員会の仮想通貨取引所に対する許可基準は厳しいと言えます.

 

Malaysiaへの参入は壁にぶつかりましたが,『BITPoint(ビットポイント)』は日本では業界屈指の仮想通貨(暗号資産)取引会社です.

 

日本在住で仮想通貨(暗号資産)に興味のある方はぜひ無料の口座開設をしてみてください.

 

BITPOINT

 

口座開設はこちら【無料登録】

 

日本の非居住者となり,日本の仮想通貨取引所で取引できる?

 

Malaysiaに移住して日本の非居住者になって,Malaysiaから日本の仮想通貨取引所で取引はできるのでしょうか?

 

こにゃん
日本の法律上で,Malaysia居住者(日本非居住者)が日本の仮想取引所で取引をできるかどうかについて確認できませんでした.

日本の仮想資産取引所の一つに問い合わせたところ,(その会社では)日本非居住者に対しては取引を提供していないと返信がありました.

 

日本の非居住者になった時点で,日本国内の仮想通貨取引所での取引は制限されるようです.

 

日本非居住者が日本国内の仮想通貨取引所で取引をできるか法律的な解釈を見つけることができませんでしたが,次のような興味深い解釈がありました.

 

結論から言えば、非居住者が日本の取引所を利用して、仮想通貨の売買をした場合、日本での納税は必要ありません。非居住者に対して、日本で課税できる所得については、所得税法161条、164条その他関連条文に定められていますが、日本の取引所を利用した仮想通貨の取引については、そのどれにも該当しないので、日本に課税権はない、つまり日本での納税は必要ないこととなります。

引用:STC国際税務会計事務所: 仮想通貨(暗号通貨)と非居住者

 

ポイント

日本非居住者に対して,取引を認めている日本国内の仮想通貨取引所があれば仮想通貨の取引に関する(日本への)納税の義務はありません.

 

日本国内の仮想通貨取引所としては,国外の人が取引に参加していることを安全性のために制限する規制を入れるということは容易に想像できます.

 

ポイント

Malaysiaに移住する前に日本の仮想通貨(暗号資産)取引所の口座は閉鎖して,日本非居住者になった後はMalaysia国内の仮想通貨取引所で取引をしたほうが良さそうです.

 

まとめ:Lunoで口座開設して暗号資産投資を少額試してみる

 

Malaysia居住者(日本非居住者)向けに,Malaysia国内で仮想通貨(暗号資産)取引の良いところを解説しました.

 

Malaysiaでは仮想通貨取引で得た利益に対しては非課税となっていることが,仮想通貨取引のリスクを抑えて投資利回りを高める秘訣となっています.

 

Malaysia証券委員会による厳しい許可制となっているために,国内には3社しか仮想通貨取引所がありません.

 

口座開設をするなら,取扱通貨の多さと国内の仮想通貨取扱高No.1のLuno社がおすすめです.

 

下記リンクをクリックして表示されるコードを入力していただくだけで,Luno社で口座開設をするだけでRM 25相当のBitcoinがプレゼントされます.

 

Lunoで口座開設【無料登録】

 

仮想通貨は価値が乱高下するhigh risk/high returnの投資になります.

 

仮想通貨投資をはじめられるのでしたら,資産の0.5%未満の少額で取引をすることをおすすめします.

 

最近のBitcoinは高値から半値まで大暴落したこともあり,あまり値上がりした場合のことだけを考えず値下がりした時のことも念頭に,あきらめられる金額でコツを掴んでみてください.

 

ここまで本記事をお読みいただきありがとうございます.

 

 

 
こにゃん
Twitter@こにゃんでマレーシア最新情報の発信もしています.   気軽にフォローしてくださいね.  
  「にほんブログ村」のランキングに参加しています.   ぜひクリックして応援してください!    
  • この記事を書いた人

こにゃん

【経歴】▶︎日本にて企業就職 ▶︎入社3年目マレーシア駐在 ●マレーシア駐在員 30代 ●英語 TOEIC 950点,中国語 HSK 5級(中国語の方が得意かも?) ●旅行好き,一番心に残っている旅は新疆(ウイグル) ●資産形成中 ■000万円,1億円資産ができたら経済的自由の道へ マレーシアお役立ち情報を発信しているので,Twitterもフォローしてね.

-マレーシア生活
-,

© 2021 こにゃんのマレーシア駐在記 Powered by AFFINGER5