マレーシア駐在員に必要な英語力

マレーシア仕事

マレーシア駐在員に必要な英語力【現役の駐在員が解説】

2021年6月26日

広告

 

こにゃん
こんにちは,こにゃん(@こにゃん)です.

 

私は本記事を書いているいま,東南AsiaのMalaysiaで駐在員を3年間しています.

 

3年半前に,当時所属していた本社の上司から呼び出しを受けて,Malaysia赴任の勅令をもらいました.

 

初の海外赴任になるのでMalaysiaで英語が通じるかなと不安な気持ちもありました.

 

日本の後輩からも,海外駐在員の英語について聞かれることがあるので本記事では次のような悩みに応えていきたいと思います.

 

こんな悩みを解決します

  • Malaysia駐在に必要な英語力は?
  • Malaysiaに駐在した後に英語力は伸ばせる?

 

米国・英国への留学経験のない私は,一から英語を学習して駐在直前にはTOEIC 950点を取得しました.

 

ただし英語で仕事・生活をしたことがなかったので不安はありましたが,半年くらいで現地の英語にも慣れて会話が円滑にできるようになりました.

 

私の周りの日本人駐在員を何十人との交流を通して,「自信を持って英語で仕事ができる人」「英語ができない残念な人」などいろんな人を観察してきました

 

Malaysia駐在員に必要な英語力,駐在後にも英語を伸ばすための方法を紹介します.

本記事の内容

  • Malaysia駐在員に必要な英語力:TOEIC 700点の基礎体力
  • 英語力が伸び続ける駐在員と残念な英語を話す残念な駐在員
  • 駐在後も英語力を高めるための3つの方法

 

本記事でMalaysia駐在員に必要な英語力を具体的につかむことができます.

 

Malaysia駐在員に必要な英語力

 

私はいま日系企業のMalaysia現地法人で駐在員をしています.

 

同僚に日本人はいるので日本語で会話をすることはありますが,仕事は基本的に英語で行っています.

 

取引先の会社には,日系の会社もあれば,Malaysia系の会社もあり,いずれにしても英語で商談をしています.

 

私の経験をもとに,Malaysia駐在員として必要な英語力を考察してみます.

 

Business英会話は必要ない

 

駐在員に必要な英会話を分類すると,次の2つになります.

 

  • 仕事での英語(Business英会話)
  • 生活での英語(日常英会話)

 

米国・英国では高い英語力が求められ,仕事・私生活の場面ごとに適切な英語表現があります.

 

一方で,私はMalaysiaで生活していますが,「Business英会話」と「日常英会話」を意識して使い分けていません.

 

ポイント

普段話している「日常英会話」の延長線上で,少し丁寧な表現を加えることで「Business英会話」にしています.

 

I want to... (私は…したい,少し幼稚な印象)→ I'd like to...(私は…したいと考えています,丁寧な印象)

 

Malaysiaの仕事では,ちょっと丁寧な「日常英会話」を心がけると,相手も意味を理解してくれて円滑に仕事が進みます.

 

Malaysia人,日本人双方にとって英語は第2外国語です.

 

Malaysia人は流暢な英語を話しますが,英語はMalaysia人にとっても第2外国語にあたる学校で学習した言語です.

 

米国・英国で話されている格式高い「Business英会話」が持つ意味は,Malaysiaでは狙ってようには理解されません.

 

英会話教室で習う「Business英会話」を商談で話すと,まどろこっしくて何を言いたいのか分からないと首をかしげられます.

 

駐在後も成長の可能性があるTOEIC 700点

 

TOEICの点数が個人の英語力を測れるわけではありませんが,文法理解力,聞き取り能力を考えるとTOEIC 700点は必要だと思います.

 

私の同僚でTOEIC 650点の人がいました.

 

その人は,英語の聞き取りができないため,仕事で聞き間違えて周りの人に迷惑をかけていました.

 

TOEIC 700点は,長文・短文の文法構造を理解して,一般的な日常会話を聞き取れる水準です.

 

ポイント

TOEIC 700点の英語力があれば,文法と聞き取りの基礎体力はあります.

さらに,Malaysia駐在後に現地で英語で仕事をして学習を続ければどんどん成長していくことが見込めます.

 

TOEIC 700点未満だと,文法に抜けがあったり聞き取りに苦労するので,Malaysia現地で英語を身につけようとしても,基本的なところが理解できていないのでなかなか英語が上達しません.

 

話せない900点より,話せる700点

 

TOEICが高得点だと,Malaysia駐在員としての英語力に問題がないかというと違います.

 

駐在員は実践の場で英語をどんどん使わなくてはいけません.

 

  • 上司に報告
  • 同僚と連携
  • 部下に指示
  • 資料作成
  • 資料発表

 

英作文については,Webioで英単語を調べたり,Google翻訳を補助的に使うことで実力を補うことができます.

 

むしろ大事なのは即時性を求められる英会話です.

 

TOEIC 900点で英会話ができない人よりは,TOEIC 700点で英会話ができる人の方が現地で活躍できます.

 

ポイント

TOEICは800点を超えたら,点数を高めるだけの受験学習はやめて,早めに実践的な英会話の学習に移行した方が良いです.

英会話を学習していると,自然にTOEIC点数は上昇していきます.

 

英語が伸びない残念な駐在員たち

 

Malaysiaに駐在する前は,海外駐在員はみんな英語が流暢に話せると思っていました.

 

しかし,実際に赴任をしてみると現実は違いました.

 

この章は反面教師として読んでください.

 

英語が話せないと…

英語が話せないと,Malaysia人の同僚からは冷たい目でみられます.

 

  • 仕事ができない
  • 信用できない
  • 自分の意見がない

 

私の上司はかつて日本人同僚の一人が英語を全く話せないので,「自分の意見を持っていないのか」と愚痴をこぼしていました.

 

30%は中学生英語以下

私がMalaysiaで会ったことのある駐在員の人の英語力を分類します.

 

駐在員の英語力(私の観察結果)

  • 10% 全く話せない
  • 20% 単語を並べるだけ
  • 50% 短い文で話せるけれど,ぎこちない
  • 20% 流暢に長文も話せる

 

全体の30%は,そもそも英語が全く話せない,もしくは単語を並べることしかできません.

 

中学校英語も身につけていない人でも,会社の指令を受けて駐在員となれる人たちが一定数います.

 

次の節でMalaysiaにある日本人の村社会について書きます.

 

日本人村社会に閉じこもる

日系企業のMalaysia法人では,一種の日本人村社会があります.

 

村社会に閉じこもることで,日本語だけで仕事をしている人たちがいます.

 

現地法人の社長として送り込まれた駐在員は,職位だけで赴任が決まっていることがあり,英語が全く話せないということもあります.

 

私も何度かそういう人にお目にかかっていますが,英語ができない社長は日本人の部下に日本語で指示を出して,その日本人部下が現場の人に英語で指示を出すという司令系統になっていました.

 

Malaysiaの日系企業は多く,Malaysia系の企業でも日本人を雇って日系企業の窓口となっていることがあります.

 

2年前,私がMalaysia人の同僚と2人で商談に臨んだところ,相手の会社の日本人駐在員は,私のMalaysia人同僚が日本語を話せないことを知っているのに堂々と日本語で打ち合わせを進めようとしてきました.

 

私が意地になって英語で返答をすると,相手はそれでも日本語で回答をしてくるので,Malaysia同僚がいるにも関わらず共通の言語である英語を話さないことにあきれました.

 

 

日本人駐在員たち同士でも仕事ができてしまう環境があることはあるのですが,村社会的な取引,人間関係はあまり好きになれません.

 

英語が残念な人たちが伸びない理由

駐在員でも英語ができない人がいます.

 

英語ができなくても駐在した後に努力して英語を学習して流暢に話せる駐在員もいれば,成長のかけらもなく残念な英語を冷凍保存したまま帰国の日を迎える駐在員もいます.

 

何年Malaysiaにいても英語が伸びない駐在員の特徴は次です.

 

英語が伸びない駐在員の特徴

  • 基礎英文法を軽視している
  • 日本人の村社会に浸っている
  • 平日夜は飲み会,週末はゴルフ三昧

 

英語を話す環境にいると自然に英語が話せるようになるというのは幻想で,大人は基礎がないと勝手には外国語を話せるようになりません.

 

英語が残念な人は,英語を学習する意欲が少なくて,日本人同士で仕事を進めて,仕事以外の時間で学習しようとしません.

 

駐在後にも英語力を伸ばすには

 

前の項で紹介した英語力が残念でい続ける人がいる一方で,最初は英語が苦手でもMalaysia駐在後にも英語力が伸び続ける人がいます.

 

英語が話せることでMalaysiaで仕事の成果を出せますし,人脈も広がります.

 

駐在が終わった後も,駐在中の成果が将来にキャリアの弾みになるので,ぜひ英語学習を頑張ってください!

 

駐在後も英語が成長する人の特徴と英語を伸ばすための学習方法を紹介します.

 

英語力が成長する人の特徴

私の周りの駐在者をみていて,Malaysia駐在後も英語が伸びる人の特徴は次です.

 

英語が伸びる駐在員の特徴

  • 基礎英文法はしっかりしている(TOEIC 700点以上)
  • 現地の同僚と緊密に連携して仕事をしている
  • 自腹を払って英語を学習する習慣を持っている

 

仕事が忙しく週末は誘惑の多い海外駐在ですが,私生活の時間でもきちんと習慣づけて英語を学習できるかどうかが鍵です.

 

英語学習のために習慣を変える

 

忙しい駐在の中でも,英語学習を習慣づけるためのhintをご紹介します.

 

ポイント

  1. 自腹でonline英会話に登録する
  2. 1年おきにTOECを受験する
  3. 週末30分は机に向かう

 

 自腹でonline英会話に登録する

 

Online英会話は,通常30分の枠でonline上で英会話授業を受けることができます.

 

重要なことは,自腹で月謝を払い(1万円/月ぐらいです),決めた曜日の同じ時間に授業を予約することです.

 

平日が忙しければ,週末2日だけの受講で構いません.

 

会社のお金で英会話教室にいくと,気が緩んで授業をおろそかにしがちです.

 

しかし,自腹でonline英会話に申し込むことで,授業をサボることは少なくなります.

 

ポイント

損したくないという人間心理を利用して,英語を学習する習慣を身につけます.

一人だとサボっても誰にも迷惑をかけませんが,英会話だと先生に迷惑がかかるので自制心が働きます.

 

 

私のおすすめonline英会話は『レアジョブ』です.

 

私も学生の頃から5年間以上レアジョブで英語学習を続けて,Malaysia駐在の機会を得ることができました.

 

駐在直前にはTOEIC 950点も取得できました.

 

 

レアジョブ英会話 無料体レッスン【簡単登録】

 

上記リンクからたった10分ほどの登録で,無料のお試し授業を受けられます.

 

 1年おきにTOEICを受験する

 

受ける英語測定試験はTOEICでなくても良いのですが,定期的に英語力を測る試験を受けることで自分の成長を感じる機会になり英語学習継続につながります.

 

さらに,試験前は頑張って英語を学習する熱意も湧いてきます.

 

慢性的に英語を学習するよりは,自分なりに小目標を設定していくと達成感がえられて学習が持続します.

 

例えば,今年は700点を目標にして,来年は800点のように少しずつ目標を高めていきます.

 

 週末は30分机に向かう

 

どんなに忙しい週末でも,30分だけなら時間を見つけられると思います.

 

本当に難しかったら5分でも良いです.

 

初めは,椅子に座って,机に向かい合って英語の学習本を1 page読み進めてください.

 

最初はあまり無理をせず1 pageだけでも読むことから始めて,徐々に慣れてきたら30分学習してください.

 

週末の決まった時間に机に向かい合っていないと,居心地が悪くなってきたらしめたものです.

 

英語の基礎力に自信がなければ,英文法の教科書から学習,英語表現を身につけたいならば瞬間英作文,音読をおすすめします.

 

おすすめの英語学習方法

Malaysia移住に向けたおすすめの英語学習方法については,次の記事をあわせてお読みください.

 

あわせて読む
マレーシアで英語は通じる?移住に向けたおすすめ英語学習方法3選

続きを見る

 

Malaysia移住前に学習方法を確立しておくと,移住後も継続して同じ方法で英語学習を続けやすいです.

 

Malaysia赴任後の実践の経験値がたまったところで座学の知識とかけ合わさって,英語力が飛躍します.

 

まとめ:駐在員を目指すなら,英語学習はROI最強の投資

 

Malaysia駐在に必要な英語力は,TOEIC 700点以上の基礎が必要です.

 

ポイント

TOEIC 700点の英語力があれば,文法と聞き取りの基礎体力はあるので,Malaysia駐在後に現地で英語で仕事をして学習を続ければどんどん成長していくことが見込めます.

 

一方で,日本の会社で駐在員選抜に勝ち抜くためには700点では目立たないので,少しTOEICの点数は高い方がいいかもしれません.

 

私はTOEICの点数を目指した学習はおすすめしていませんが,実践に向けた英会話に向けて英会話の学習をしているうちに自然とTOEICの点数が取れるようになっていくと思います.

 

実践に向けた訓練で必須のonline英会話が手頃な値段で,継続して英会話を学習できるので,今すぐにでも始めてください.

 

レアジョブ英会話 無料体レッスン【簡単登録】

 

月数千円から数万円の英語学習に投資することで,将来の駐在員の道が開けるならばかなり見返りの大きい自己投資です.

駐在員を目指されている方にとって英語学習の道筋を示すことができたならば幸いです.

 

ここまで本記事をお読みいただきありがとうございます.

 

 
こにゃん
Twitter@こにゃんでマレーシア最新情報の発信もしています.   気軽にフォローしてくださいね.  
  「にほんブログ村」のランキングに参加しています.   ぜひクリックして応援してください!    
  • この記事を書いた人

こにゃん

【経歴】▶︎日本にて企業就職 ▶︎入社3年目マレーシア駐在 ●マレーシア駐在員 30代 ●英語 TOEIC 950点,中国語 HSK 5級(中国語の方が得意かも?) ●旅行好き,一番心に残っている旅は新疆(ウイグル) ●資産形成中 ■000万円,1億円資産ができたら経済的自由の道へ マレーシアお役立ち情報を発信しているので,Twitterもフォローしてね.

-マレーシア仕事
-, ,

© 2021 こにゃんのマレーシア駐在記 Powered by AFFINGER5