海外勤務 日本 働き方 違い 成長

マレーシア仕事

海外勤務と日本勤務の働き方違い 5点,海外で成長の機会を!【マレーシア駐在員の体験】

2021年8月1日

広告

 

入社2年目の社会人です.

将来,海外勤務を希望しているのですが,日本で勤務した時と比べて海外での仕事はどのように役職,働き方が変わりますか?

 

こにゃん
こんにちは,こにゃん(@こにゃん)です.

私が実際に東南AsiaのMalaysiaで駐在員として経験したことをもとに,「海外勤務で働き方,仕事への取り組み方がどのように変わるか」を紹介します.

 

私は現在の日系企業に入社して3年ほどで,Malaysia現地法人に駐在員として派遣されました.

 

日本で勤めていたときは一担当者に過ぎませんでしが,初めての海外勤務で部下を持ったリーダー業務を任命されました.

 

海外での仕事を覚えたり,現地の生活に慣れたり,目まぐるしい海外勤務を3年経験しました.私の経験をもとに,これから海外勤務を予定されている20代,30代前半の方に向けて「海外勤務は日本とはどのように環境が変わるか」を書きたいと思います.

 

海外勤務は日本勤務と何が変わる?

 

私が日本での勤務をした後に,同企業の海外法人に駐在員として派遣されました.

 

海外勤務での働き方の変化は次の5点になります.

 

海外勤務での変化

  • 職位が一つ上がる
  • 部門の垣根を越えて仕事が横断的になる
  • 自分で決断する場面が増える
  • 報告の階層が少ない,上層部との直接の意見交換
  • 業務量の増加,生産性の向上

 

海外駐在員に選ばれること自体は,会社が将来の活躍を見据えて評価をしてくれている証左です.

 

日本では経験できないような仕事を海外勤務ではできます.

 

一方で,日本にいるときに比べて責任が増して労働時間が長くなりますし,慣れない国外生活でストレスが溜まりやすいので,肉体的,精神的な疲れを解消することも気をつけなくてはなりません.

 

うまく肩の力を抜く方法を見つけることも海外駐在員に取っては大事なことです.

 

職位が一つ上がる

 

会社としては駐在員を一人送り出すために多くの費用がかかるので,日本勤務時よりも多くの役割を与えて結果を出してもらいたいと考えています.

 

そして海外勤務になると,職位が通常は一つ以上増えます.

 

  • 担当者→係長
  • 係長→課長代理
  • 課長代理→課長
  • 課長→部長
  • 部長→本部長

 

私は海外勤務になって,初めて部下を持ちましたが,どのように指示すれば良いか分からず,むしろ部下に教えてもらうことばかりでした.

 

いままでは「指示をもらって作業をする」姿勢だった私が,どのように指示を出してチームとして結果を出すかということに意識が変わりました.

 

締め切りはいつで,求められている仕事の質はどのくらいか推測して,さらに,みんなが見落としやすい落とし穴はないか先回りして指示を出す癖がつきました.

 

部門の垣根をこえて横断的な仕事になる

 

海外法人は基本的には現地の人が運営をして,日本人駐在員は補助的な位置付けとなります.

 

海外法人の各部署に赴任していいる日本人は数名程度です.場合によっては,全く日本人駐在員がいない部門もあります.

 

そうなると,駐在している日本人は自分の部門以外にも,部門の垣根を越えて,海外法人での仕事をまとめていくことになります.企画から営業,販売まで一連の流れを知ることができます.

 

結果として,会社の商売がどのように行われているのか俯瞰的に知ることができます.

 

他部門の仕事を100%行うことはありませんが,自分が所属する部門と他部門がどのように連携しているかがよく見えてきます.

 

日本勤務では,自分は一人の担当者でしかありませんでしたので,自分の働きがどのように他の部門に影響して,最終的な会社の売り上げにつながっているか意識が行きませんでした.

 

海外勤務では海外法人という,一つの枠の中でどのように仕事が回っているか見渡しよく眺めることができます.

 

視座が高まるだけでなく,部門と部門の間で起きている意思疎通の問題点にもいち早く気づくことができます.

 

慣例で行っていた仕事でも点検すると,相手の部門が求めていない仕事だということに気がついて,「不要な仕事はやらない」という決断もできます.

 

自分で決断する場面が増える

 

海外法人では,職位が上がるので裁量範囲が拡大します.

 

そして,海外勤務では自分で判断して方向性を決めなくてはいけない場面が増えます.

 

日本勤務では個人で決断する場面はほとんどありませんでしたが,海外勤務の時の方が判断する数は圧倒的に多いです.毎週,毎月のように事業の方向性,問題対処,投資案件を決めています.

 

なぜなら自分自身が海外法人の部門の”顔”になるので,部門と部門の折衝せっしょうを任されたり,お客さんとの窓口を一括して引き受けることになるためです.

 

海外で働いていると,日々問題が起きますが,マニュアルもないので,臨機応変に対応しなくてはなりません.

 

日本本社にお伺いをかけて対応をあおいでも判断に時間がかかり過ぎますし,日本本社の人は現場のことをわからないので結局判断をしてくれないこともあります.

 

現場で問題にであり,リスクを分析して最悪の損害が”自分の裁量範囲”だと見切りをつけたら,すぐに決断をして解決に進みます.

 

ダメだったら方向修正して取り組めば,大抵の場合はかすり傷くらいで済みますし,本社は現場で問題が起きていることすら気づきません.

 

もちろん”かすり傷”で済まない問題のときは真っ先に上層へと報告を上げます.

 

自分の頭で考えて決断をするという管理職に必要な能力を海外勤務では若いうちからつちかうことができます.

 

次に同じ問題が起きた時にどのように対応をするかを反省して,マニュアルを残しておくことは現地同僚の育成にとって非常に大事なことです.

 

報告の階層が少ない,上層部との直接の意見交換

海外法人の中で物事を決める速度は早いです.即断しなくては機会を損失するので,早くならざるを得ません.

 

海外法人の方が意思決定者が少ないため,大型の投資案件でも「私→直属の上司→上司の上司→本社決済」という流れで比較的早く判断が行えます.

 

日本勤務の場合は,ものごとを決める階層が多過ぎて,私は資料の一部を作った後は,上司が部長に説明して,部長が関連部署に付議して,最後に社長に付議するという長い判断のタライが回ることになります.

 

海外勤務の場合は,資料を作って,私自身が海外法人の上層部へとプレゼンを行い判断をしてもらうことができます.

 

上層部の人たちがどのように投資可否を判断するか要点を掴むことができ,プレゼン資料・発表でいかに必要な情報を伝えて部門長の承認を得るための能力を得ることができました.

 

業務量の増加,生産性の向上

 

海外勤務は業務量が,日本勤務の時に比べて大幅に増加します.

 

私が海外駐在員となった時の前任者の人は,平日夜9時まで会社に残っていることが当たり前で,会社に寝泊まりしたことも1回,2回ではないと言っていました.

 

私も赴任した最初の半年は帰宅したら夜10時過ぎになってしまい,夜ご飯を食べ損ねるという日々が続きました.まさに家は寝るだけの場所でした.

 

海外勤務になると部門を超えた仕事を任されたり,日本本社への報告資料の作成など駐在員の仕事量は圧倒的に増えます.

 

日本勤務のときは自分の業務範囲は担当領域のみで,それ以外のことは周りのリーダーと呼ばれる職位の人たちが責任を任されていました.私の業務量はあまり多くなく,月の残業時間は36時間を超えるがありませんでした.

 

海外駐在員となり業務量の多さには驚きました.最初は全部自分で抱え込んでこなそうとしましたが,破綻をしそうでしたので,徐々に工夫して生産性を向上していきました.

 

  • 他の人に任せるところは仕事を振る
  • 仕事の成果物に対する合格点を確認する
  • マニュアル化して反復作業を効率化する

 

毎週,毎月反復して行うような業務は早めに現地の同僚に仕事を任せるようにして,単発の仕事に自分の力を注ぐようにしていました.

 

単発の仕事も繰り返し同じように依頼されるようになると,マニュアルかして現地の同僚に引き継いで行きました.

 

まとめ:海外勤務は日本に比べて職務レベルが上がり,成長する良い機会に

日本勤務と比べて,海外勤務での働き方,仕事の環境の違いについて紹介しました.

 

正直に書くと,駐在員になって1年目は給料に見合わないくらいの忙しさに仕事を投げ出したくなることもありましたが,いま振り返っても海外勤務をして良かったと考えています.

 

もし私が日本勤務を続けていたら,今も一担当者として狭い範囲でしか仕事をできておらず,会社全体の稼ぎ方も知らず,投資判断をする機会もなかったかもしれません.

 

数年前の私のように海外勤務を希望しながら実際はどのような働き方になるかわからなかった読者の方にとって,この記事がお役に立てれば幸いです.

 

ここまで本記事をお読みいただきありがとうございます.

 

 

私が若手の駐在員として経験した苦労をまとめた次の記事は,これから海外勤務を考えられている方には参考になると思いますので,あわせてお読みください.

 

あわせて読む
マレーシア駐在員の悩み
【マレーシア駐在歴3年】20代海外駐在員の苦労・悩み

続きを見る

 

私はMalaysiaで仕事をしていますが,Malaysiaの職場の雰囲気について興味のある方は次の記事をご参考ください.

 

あわせて読む
マレーシア 日本 働き方 職場の雰囲気 違い 仕事 クアラランプール
マレーシアと日本では違う働き方!仕事に対する見方,職場の雰囲気

続きを見る

 

最後に,日本にいても,海外にいても気軽にonlineで英語学習ができる『レアジョブ』を紹介させてください.

 

レアジョブなら1回レッスンが142円とコーヒー一杯分の値段で,将来に向けた英語の自己投資ができます.

 

私も学生の頃から5年間以上レアジョブで英語学習を続けて,Malaysia駐在の機会を得ることができました.

 

自己投資こそ,将来の収入を増やす王道だと思います.

 

 

レアジョブ英会話 無料体験レッスンはこちら

 

上記リンクからたった10分ほどの登録で,無料のお試し授業を受けられます.

 
こにゃん
Twitter@こにゃんでマレーシア最新情報の発信もしています.   気軽にフォローしてくださいね.  
  「にほんブログ村」のランキングに参加しています.   ぜひクリックして応援してください!    
  • この記事を書いた人

こにゃん

【経歴】▶︎日本にて企業就職 ▶︎入社3年目マレーシア駐在 ●マレーシア駐在員 ●英語 TOEIC 950点,中国語 HSK 5級(中国語の方が得意かも?) ●旅行好き ●資産形成中 ■000万円,1億円資産ができたら経済的自由の道へ マレーシアお役立ち情報を発信しているので,Twitterもフォローしてね.

-マレーシア仕事
-,

© 2021 こにゃんのマレーシア駐在記 Powered by AFFINGER5