マレーシア 日本 働き方 職場の雰囲気 違い 仕事 クアラランプール

マレーシア仕事

マレーシアと日本では違う働き方!仕事に対する見方,職場の雰囲気

2021年7月30日

広告

 

Malaysiaでこれから働こうと考えている20代です.

日本で働いた経験はあるのですが,Malaysiaでの働く文化,職場の雰囲気は日本とはどのように違いますか?

 

こにゃん
こんにちは,こにゃん(@こにゃん)です.

Malaysiaの職場の雰囲気は和気あいあいとしていて,20代であれば同世代の同僚と打ちとけやすいと思います.

Malaysiaの仕事に対する姿勢は日本人と共通しているところが多いので,なじみやすいです.

 

Malaysiaで働きたいけど,日本とどのように働き方が違うか気になりませんか?

 

私は日本で数年働いたのち,Malaysiaの現地法人で3年間駐在員として仕事をしています.

 

現地では同じ世代のMalaysia人の同僚に認めてもらうために仕事を頑張っていき,Malaysiaでの仕事が少しずつ楽しくなっていきました.

 

最初は慣れない外国での仕事に戸惑うこともありましたが,仕事が順調になってきたあたりからは,Malaysia職場の人間関係を観察したり,働き方の良いところ・悪いところを考えてきました.

 

そんな私が発見したMalaysiaの働き方,職場の雰囲気をお伝えします.

 

Malaysiaにも残業の多い「仕事人間」はいる?

 

「Malaysia人は家族との時間を優先するので残業はしない」というのは,70%ほど正しくて,30%ほどは間違っています.

 

本当に必要な残業ならば夜21時まで職場に残って残業をする人もいますが,必要のない”お付き合い残業”をする人は少ないです.

 

上司が残業していても,自分の仕事が終わっていたら颯爽さっそうと帰宅していきます.

 

個人的な経験に基づく偏見では傾向として,

  • Malay系・India系は定時に帰ることが多い
  • Chinese(華人)は残業をいとわない

 

仕事に誇りを持っているMalaysia人の同僚は多いですが,うまく私生活と仕事の両立をしている人が多いように感じます.

 

ポイント

「残業を長くしている=仕事を真面目にしている」とはみなされず,残業時間の長さで仕事の評価は良くなりません.

 

Malaysia人は時間厳守?

 

私の主観ですが,仕事において日本人の時間厳守度を100とすると,Malaysia人は80くらいです.

 

個人差は大きいので,Malaysia人の同僚の中には日本人よりも時間厳守をしてくれる人や,逆にマイペースで締め切りなんて忘れて仕事をする人もいます.

 

Malaysia人の同僚と仕事をしているときに締め切りを守ってもらうために私が意識していることは,次になります.

 

ポイント

  • こまめに進捗を聞いて,仕事の締め切りを意識してもらう
  • 本当の締め切りの1日前に,締め切りを設定しておく

 

仕事を離れて私生活だと,Malaysia人はのんびりしていて,「休日はゆっくり過ごそうよ」という感じが私は好きです.

 

「人生は楽しまなきゃね」という価値観のMalaysia人の友人が私の周りには多いです.

 

給料・昇給についてどう考える?

 

私の同僚は,給料・ボーナスの金額はすごーく気にしています.

 

給料日はもちろん,ボーナス支給日になると職場全体が盛り上がります.

 

上司が一人一人にボーナス額が書かれた紙を手渡すのですが,受け取った同僚はみんな嬉しそうです.普段は少し不機嫌な同僚も,ボーナスを受け取った日は上機嫌です.

 

Malaysiaの新卒の初任給は日本円で10万円にも届きませんが,自分の給料よりも高い10万円以上するiPhoneの最新機種を買っているところを見ると,消費意欲は強いと思います.

 

今の職場よりも給料が少しでも高い求人募集があると入社して1年以内でもすぐに転職をしてしまう文化があります.日本人赴任者として働いているとMalaysia人同僚に給料以外のところで成長の機会を与えられるように工夫しなくては試行錯誤しています.

 

ポイント

金額が高くて手に届かないものがあるからこそ,仕事を頑張って給料を上げて生活を豊かにしたいという活力が若い世代には特に強いです.

 

Malaysiaは年功序列?実力主義?

 

私は,Malaysiaでは実力主義が根強いと思います.

 

私の勤めている企業は日本企業のMalaysia法人であるため,日本の年功序列制度の文化が少し根付いていますが,入社年次が浅くても優秀であれば責任ある仕事を任されて,年次が上の先輩を追い越して出世していきます.

 

後輩に抜かれて出世できなかった人は,いまいる会社を去って転職をしていきます.

 

仕事ができない,仕事で失敗したことを理由に辞めさせるほど冷酷な職場ではありません.しかし,日本よりもMalaysiaでは実力主義が根強いと感じます.

 

ちなみに,会社では英語で話しているときには,年齢に関わらず,相手の名前に「Mr.」「Ms.」をつけずにお互いに呼び合います.

 

日本人としては「年上の同僚にも呼び捨て?」と最初は唖然としてしまうのですが,呼び慣れてくると”呼び捨て”は年に関係なく,気軽に自分の意見を発言できる雰囲気の役に立っています.

 

ポイント

Malaysiaでは年功序列よりも実力主義が根強く,仕事が熱心な人には新しい挑戦の機会が与えられます.

 

職場の雰囲気は和気あいあい

 

「Malaysiaの職場は実力主義」と前の章で書きましたが,職場の雰囲気は若々しくて和気あいあいとしています.

 

私の所属している課の平均年齢は30歳前後です.職場は若々しい活力があります.

 

課長が40代後半ですが,半分以上が20代です.私のような30代はすでにベテランとみなされます.

 

年中,新人が入社して配属されてきます(日本のように4月一括入社ではない).

 

そして2,3年仕事をすると,悲しいことに高い給料を求めて転職をしていきます.日系企業で働いていることが一種の”箔付け”とみなされています.日本人が外資企業で働くことを,”職歴を飾る”ことと一種みなしていることと似ています.

 

 

職場が和気あいあいとしている理由は年齢の若さだけではなく,Malaysia人は職場でも友だちのような付き合いを好むこともあります.

 

普段と変わらない日でも仕事終わりにみんなで一緒にご飯を食べにいきます.誕生日会を開いたり,ちょっとしたお祝いを職場で行います.

 

退職した元同僚も誕生日会の時は呼ばれて顔をみせたり,同僚を超えた友だちとしての関係性を大事にする文化があります.

 

ポイント

もしMalaysiaに来たばかりで職場に馴染めないと感じたら,ぜひ積極的に仕事終わりの食事会に参加して仕事以外の場所で同僚と打ちとけるようにしてみてください.

 

Malaysiaは集団主義

 

私は「Malaysiaの職場文化は集団主義」だと考えています.

 

個人の意見・価値観を強調する個人主義に比べると,チームとしてどのような成果を出すかということに重点を置く集団主義が多いです.

 

Malaysia人は自分の意見をはっきりと伝える人が多いですが,話し合ってチームで方向性が決まるときちんとみんな全体の方向性に従って協力してくれます.

 

日本人として私はMalaysiaの同僚と仕事をしていますが,協力しながら成果が出しやすいと感じます.

 

ポイント

上司の前でも部下は自由に発言して,時には上司も意見を柔軟に変えますが,最終的にはみんなで一つの方針を出すことを大切にしています.

 

まとめ

 

私はMalaysiaで3年間仕事をしましたが,Malaysiaの働き方,職場の雰囲気は好きです.

 

努力して結果をした人を伸ばす実力主義ですので,働いたら働いただけ新しい仕事の機会を与えられます.

 

ポイント

日本に居続けたら,10年間働いても得られなかったような仕事の機会をMalaysiaでは若手のうちに責任を任されて挑戦することができたのはかけがえの経験です.

 

Malaysiaの働き方,職場の雰囲気は日本人にとってはなじみやすいだけではなく,Malaysia人は日本人を尊敬して接してくれます.

 

こちらからもMalaysia人を尊敬しながら仕事をすることで,仕事では実力主義の中で切磋琢磨しながら,次々と新しいことに協力しながら挑戦していくことができます.

 

そして,私生活でもかけがけの無い友人を得ることができます.

 

 

私がMalaysia駐在員として苦労したことをまとめた,次の記事もあわせてご覧ください.

 

あわせて読む
マレーシア駐在員の悩み
【マレーシア駐在歴3年】20代海外駐在員の苦労・悩み

続きを見る

 

 

ここまで本記事をお読みいただきありがとうございます.

 

海外駐在の機会も得られる,高年収層の転職に特化した転職エージェントJAC Recruitementで転職をすることがおすすめです.

 

2017年に転職エージェントNo.1と評価されています.(※NTTコムオンラインNPS(R)ベンチマーク調査)

 

JAC Recruitment

 

転職のプロとキャリア相談 【10分無料登録】

 

転職面談の登録は無料ですので,Malaysia以外にも海外勤務で仕事の成長をしたい方はぜひ転職エージェントの方と相談をしてみてください.

 

ハイクラスの転職サイトとなっており,30代以上でキャリア経験がある人向けの転職エージェントです.

 

上記リンクからたった10分ほどの登録をして,転職面談を受けてみてください.

 
こにゃん
Twitter@こにゃんでマレーシア最新情報の発信もしています.   気軽にフォローしてくださいね.  
  「にほんブログ村」のランキングに参加しています.   ぜひクリックして応援してください!    
  • この記事を書いた人

こにゃん

【経歴】▶︎日本にて企業就職 ▶︎入社3年目マレーシア駐在 ●マレーシア駐在員 ●英語 TOEIC 950点,中国語 HSK 5級(中国語の方が得意かも?) ●旅行好き ●資産形成中 ■000万円,1億円資産ができたら経済的自由の道へ マレーシアお役立ち情報を発信しているので,Twitterもフォローしてね.

-マレーシア仕事
-,

© 2021 こにゃんのマレーシア駐在記 Powered by AFFINGER5