マラッカ melaka malacca 旅行

旅行

世界遺産の街「マラッカ」への旅 【行き方・観光ルート・食事・所要時間を解説】

2022年9月3日

広告

 

こにゃん
こんにちは,こにゃん(@こにゃん)です.

 

大航海時代に貿易の要として栄えた都市「Melaka(Malacca)」.

 

Melakaのオランダ広場(Dutch Square)に到着すると印象的な教会があり,現在でも街中を歩くと旧植民地時代の遺跡があり,Malaysiaにおいて異国情緒を感じさせます.

 

本記事は次のような疑問に答えるように書きました.

 

マラッカ旅行に関する疑問

  • Melakaでの観光名所と観光の道順を教えてください.
  • Melaka現地でのおすすめの食事は?
  • Melakaまでの交通手段は?

 

Malaysiaの首都Kuala Lumpurから車で2時間ほどの距離にあるため,日帰り旅行も可能です.

 

melacca 風景 港

 

本記事を読むと,Malaysiaの世界遺産「Melaka」を楽しむことができるようになります.

 

本記事は次の方におすすめです.

 

こんな方におすすめ

  • Malaysiaへの旅行を計画されている方
  • Malaysia在住で日帰り旅行をしたい方

 

なぜなら,私はMalaysia現地で働いている駐在員です.

 

仕事を除いた観光目的でもMelakaには3回訪れており,Malaysiaに来た家族をMelakaに連れて行き観光案内をしたり,一人旅でMelakaを旅したこともあります.

 

MelakaはMalaysiaの歴史を語る上では欠かせない街ですので,一度は訪れたい場所です.

 

この記事では,次のことを中心にまとめました.

 

本記事のポイント

  • Malaysia世界遺産Melakaは日帰り旅行可能
  • 異国情緒溢れるMalacca海峡をのぞむ街を歩く
  • Melakaを楽しむためのおすすめ観光コースを紹介

 

この記事ではMelakaの魅力を一つでも多くお届けするように書きましたので,最後までお読みいただけると幸いです.

 

Melakaはこんなところ!

 

Melaka はMalaysiaの歴史を語る上で起点となると言っても過言ではない重要な街です.

 

現在は人口約60万人の都市で,観光だけではなく,製造業においても発展をしています.

 

Malacca海峡に面した地理的な優位性から,Melakaは貿易の中継地として栄えました.

 

いまではMalaysiaの国教はIslamであることは広く知られています.

 

歴史を紐解くとMelakaに立ち寄ったMuslimの商人が現地にIslamを伝えたことが影響して,15世紀にはMalaysiaでIslamが普及します.

 

こちらもCHECK

マレーシア 宗教 イスラム教 ムスリム 割合 宗教問題 違い 宗派 禁止事項 歴史
マレーシアの宗教はイスラム | ムスリム割合は60%【マナーで気を付けたい禁止行為】

続きを見る

 

海運の要所として発展

 

貿易上の重要な拠点としてMelakaは栄えた一方で,各国が支配権を争う混沌とした歴史をたどります.

 

マラッカ 植民地 支配国 オランダ イギリス ポルトガル 日本

 

  • ポルトガル(1511年 - 1641年)
  • オランダ(1641年-1842年)
  • イギリス(1824年-1957年)
  • 日本(1942年-1945年)

 

現在でも旧植民地時代の建物を見ることができます.街を見下ろす丘に立ちMalacca海峡を眺めると,大航海時代の当時と同じ風を感じることができます.

 

Melakaの名称

 

初めに,地名について「Malacca」と「Melaka」の両方の表記を目にするのですが,どちらが正しいのでしょうか?

 

2017年5月にMelaka州政府は,地名の正式表記を従来の「Malacca」から「Melaka」に統一することを発表しました.

The Straits Times: 'Malacca' now known as 'Melaka': State government

 

「Melaka」は現地語であるMalay語による表記です.

 

「Malacca」は日本語で書くと「マラッカ」となるのですが,正式名称である「Melaka」の読み方は「ムラカ」です.

 

日本語表記は正式名称である「Melaka」にあわせて「ムラカ」にするべきなのですが,「ムラカ」はあまり馴染みのない方が多いと思いますので,本記事では日本語表記のときは「マラッカ」と書きます.

 

Melakaへの行き方

 

Melakaは,Malay半島西海岸沿いのMalacca海峡を臨む街です.

 

車で行く場合

 

首都Kuala Lumpurからは150km離れており,車で片道約2時間ほどです.

 

南北にのびる高速道路があるので移動は快適なのですが,Melaka近くになると車線が減って若干渋滞がしやすくなります.

 

 

また高速道路を降りた後,Melaka周辺は週末になると大渋滞します.

 

地理的にはMelakaはKuala Lumpurと最南端の州Johor Bahruの中間点にあり,Johor BahruからMelakaに訪れる際も同じように2時間ほどの時間がかかります.

 

バスで行く場合

 

Kuala LumpurからMelakaまでは高速バスも運行しており,料金はRM11-RM16(日本円 400-500円)ほどです.

 

TBS(Terminal Bus Selatan)でチケットを購入することができます.

 

おすすめMelaka観光コース

 

Melakaの観光をするにあたり,観光にかかる時間とおすすめの観光コースを紹介します.

 

Kuala LumpurからMelakaまでの距離は,東京から伊豆半島と近いです.日帰りも可能だけれど,週末でゆっくり一泊することもできます.

 

Malaysiaは治安が良い国ですが,Melakaも例外ではなく治安は良いです.ただし,スリ・置引きにはご注意ください.

 

こちらもCHECK

マレーシア 治安 犯罪 旅行
2022年マレーシア駐在者が教える現地の治安【結論:治安は良いが,スリ・詐欺には注意が必要】

続きを見る

 

Malaysiaでは広く英語が話されますが,Melakaは観光地とあり英語が通じる場面がほとんどです.

 

こちらもCHECK

マレーシアで英語は通じる なぜ なまり
マレーシアで英語は通じる? 在住者が教えます【発音はなまりが強いけれど通じる】

続きを見る

 

Melakaは日帰り旅行可能

 

Melakaについては首都圏から車で日帰り旅行ができる距離にありますので,現地に滞在しなくても半日の予定でMelaka観光をすることができます

 

私は過去に3回訪れていますが,すべてKuala Lumpurからの日帰り旅行です.

 

Melakaの観光は直径1kmほどの円に含まれるので日帰り旅行でも充分に歩いて回ることができます.

 

こにゃん
たくさん歩くので歩きやすい靴をお選びください.

 

一方で,夜市(night market)を観光したい場合はMelaka現地で一泊した方が良いとは思います.

 

Melaka観光の所要時間

 

Melakaの観光名所は徒歩圏内にまとまっており,見どころがある地域を隅から隅まで歩いても1時間ほどです.

 

MelakaはMalaysiaでは珍しく歩いて楽しめる観光地ではあるのですが,炎天下での移動となるため熱中症については充分注意が必要です.

 

Kuala Lumpurの日帰りで充分にMelakaの主要観光名所をまわることができます.急いで回れば4時間ほどです.

 

Melakaを訪れた際にぜひ訪れたい場所が海上のモスクとして有名な「Melaka Straits Mosque」です.

 

Malacca海峡に沈む夕日に輝くピンク色のモスクは綺麗ですので,ぜひ日没の19:00ほどまではMelakaでお過ごしください.

 

日帰り旅行日程

 

私が実際にMelakaを訪れた際の日帰り旅行のモデル・コースをご紹介します.

 

日帰り旅行例


  • 8:30

    Kuala Lumpur市内のホテルを出発


  • 10:30

    Melaka到着

    Gereja St. Francis Xavier近くの通り


  • 11:00-11:15

    Gereja St. Francis Xavier(セント・フランシス・ザビエル教会)

    St. Peter's Church malacca マラッカ 教会

  • 11:30-12:30

    お昼ごはん

    bulldog melacca マラッカ 店内

  • 12:45-13:00

    オランダ広場

    Windmill Dutch Square Melaka オランダ広場 教会 Bangunan Stadthuys スタダイス

  • 13:00-13:30

    歴史民俗学博物館

    Malacca Museum 館内

  • 13:45-14:15

    Gereja St. Paul, Bukit Melaka(セントポール教会)

    セント・ポール教会 Gereja St. Paul, Bukit Melaka 丘の上

  • 14:30-14:45

    A Famosa

    A Famosa melacca フォルモサ

  • 15:00-15:30

    Melaka Sultanate Palace Museum(マラッカスルタンパレス)

    Melaka Sultanate Palace Museum マラッカスルタンパレス 博物館

  • 16:00-16:30

    Flor de La Mar(マラッカ海洋博物館)

    マラッカ海洋博物館 Muzium samudera (Flor de La Mar) 外観

  • 16:45-17:15

    Melaka River Cruise (マラッカ川クルーズ)

    Melaka River Park and Cruise クルーズ

  • 17:30-17:45

    Jonker Street街歩き

    Jonker Street Night Market ロータリー

  • 18:00-18:15

    青雲亭(チェンフーテン)仏教寺院

  • 18:30-18:45

    カンポン・クリン・モス

  • 19:00-19:30

    Melaka Straits Mosque

    Melaka Straits Mosque Masjid Selat Melaka 海の上のモスク

  • 22:00

    Kuala Lumpur市内のホテル到着

 

おすすめのランチ

 

Melakaといえば「チキンライス」が有名で,Jonker Streetにたくさんのレストランが並びます.

 

こにゃん
チキンライスはレストラン「和記鶏飯團」 が美味しかったです.

 

和記鶏飯團

 

Jonker Streetにはレストランが数多くあるのですがお昼時は観光客で混み合います.

 

初めて訪れる際はチキンライスをお試しいただきたいのですが,本記事では少し街の中心から離れたところにあるNyonya料理のおすすめ店を紹介します.

 

私は訪れて美味しかったお店が「Bulldog」です.

 

住所:145, Jalan Bendahara, 75100 Melaka

 

bulldog 外観 入り口 malacca

 

古い建物を改装してできた店内は白い壁に絵が飾ってあり,生演奏が聞けるステージがあり初見ではNyonya料理店に見えません.

 

bulldog malakka nyonyang料理

 

Nyonya料理は華僑文化とMalaysia文化が融合してできた料理で,お互いの料理方法を取り入れた新しい料理です.

 

こにゃん
私がNyonya料理を食べた時の感想は,味付けはMalaysia料理よりだけれども,料理方法は中華料理に近いです.

 

「Bulldog」の鶏肉を使った料理は香辛料がキツすぎずに,程よい香料で美味しかったです.

 

bulldog nyonyang料理 おすすめランチ マラッカ

 

ジャスミンの香りがついたご飯とライムのジュースを飲みながら,午前中の疲れを癒しました.

 

bulldog melacca マラッカ 店内

 

Bulldogでのお会計

  • Ayam Limau Perut S RM 10
  • Fried Okra Garlic/belacan RM10
  • Jasmine Fragrance Steamed Rice RM 2
  • Lime Juice Rm 8.5
  • Service charge 10%

合計 RM  33.55

 

Melakaの観光名所

 

Malaysiaにおける「横浜」のような異国情緒あふれるMelakaの観光名所をご紹介します.

 

Melakaには歴史的な教会や軍事的な要塞が現存しており,黒船の到来を経験したMalaysia現地の人たちの当時の歴史を感じさせる博物館があります.

 

Melaka River Cruise

 

Melaka観光の中でもおすすめは「Melaka River Cruise(マラッカ川クルーズ)」です.

 

30分ほどのクルーズでMelaka川を北上して,途中で折り返して同じ乗り場に戻ってきます.

 

乗り場と搭乗券売り場は,「オランダ広場」から「海洋博物館」に向かう川沿いにあります.

 

Melaka River Park and Cruise

 

搭乗券は外国人の場合,次の料金になります.

 

  • 大人(12歳以上) RM30
  • 子供(2-12歳)RM25

 

Melaka River Park and Cruise クルーズ 眺め

 

船の上からは建物に描かれた壁画を迫力満点で見ることができました.

 

 

Melakaの街並みを川から見ると,建物は同じレンガ色をしており静かな街並みです.

 

Melaka River Park and Cruise hardrock cafe

 

クルーズは夜まで営業しているので,夜ライトアップされた川クルーズは昼とは違った雰囲気を楽しむことができます.

 

Gereja St. Francis Xavier

 

Gereja St. Francis Xavier(セント・フランシス・ザビエル教会)」は1849年に建設されたゴシック建築の教会で,目の前にMelaka川に面しています.

 

Melaka川クルーズから乗っている時も豪壮な白い建物を目にすることができます.

 

St. Peter's Church malacca マラッカ 教会

 

中庭にはザビエル(St. Francis Xavier)像とやしろう像が建っています.

 

St. Peter's Church malacca xavier statue ザビエル像

 

銘板に平仮名で「やしろう」と書かれた日本人と思われる人物については来歴について謎に包まれているようです.

 

オランダ広場・スタダイス・歴史民俗学博物館

 

朱色が特徴的な「The Stadthuys(スタダイス)」は1650年にオランダ植民地のもとで建てられた総督らの居住建物です.

 

Windmill Dutch Square Melaka オランダ広場

 

Melaka観光の中心地と言えるオランダ広場には噴水があり,周りには観光者待ちの人力車トライショーが並んでいます.

 

こにゃん
Melakaのトライショーは観光者相手の人力車で,Malaysia全国ではトライショーやトゥクトゥクは日常的には目にしません.

 

Windmill Dutch Square Melaka 広場 人力車

 

派手な人力車はMelakaの名物となっていますが,私が訪れた時は大音量の音楽も流れておらず随分と静かになったと感じました.

 

「The Stadthuys(スタダイス)」の中は歴史民族学に関する博物館となっていて,Melakaを各国が植民地としていた時代の遺物が展示されています.

 

Malacca Museum 館内

 

Melakaがどのように大航海時代に変異していたか,詳細な絵画やジオラマをもとに再現されています.

 

マラッカ歴史民族学博物館

 

こにゃん
黒船に慌てふためいた日本人については日本史で学習しますが,同じように外国船の到来に驚愕するMalaysia人の様子は相似している気がしました.

 

Gereja St. Paul, Bukit Melaka

 

「The Stadthuys(スタダイス)」を出て,さらに15分ほど小高い丘を登ると「Gereja St. Paul, Bukit Melaka(セントポール教会)」があります.

 

セント・ポール教会 Gereja St. Paul, Bukit Melaka 丘の上

 

1521年に建てられた教会後には,日本人には有名なXavier(ザビエル)宣教師の遺骨が9か月安置されました.

 

日本も訪れたXavier宣教師が,歴史の中で日本とMalaysiaを繋いでいたと感じると二つの国が決して離れた国ではないと感じます.

 

Gereja St. Paul, Bukit Melaka セント・ポール教会 xavier ザビエル像

 

Xavier像の右手が欠けていますが,理由は不明のようです.うついている顔は何を憂いていたのでしょうか.

 

天井が崩落した教会跡には緑が空間を埋めており,不思議な空間が目の前に広がります.

 

Gereja St. Paul, Bukit Melaka セント・ポール教会 遺跡

 

Islam国家において異教の象徴である教会が現在まで保存されていることが意外であり,Malaysiaの異教に対する寛容性を表しています.

 

Gereja St. Paul, Bukit Melaka セント・ポール教会 木

 

教会跡の外には大樹が繁茂しています.

 

かつてオランダ総督が現地を監督していた時と現代の時間をつなぎ合わせるように目の前の光景を自然が覆い尽くしています.

 

Gereja St. Paul, Bukit Melaka 丘の上 melakka tower マラッカ・タワー

 

教会が建っている丘からはMalacca海峡とMelaka Towerが一網できます.

 

海側にはあまり高い建物が建っておらず見晴らしが良かったです.

 

A Fomosa(サンチャゴ砦)

 

ポルトガルによ植民地時代に建てられた1512年に建てられた「Fomosa要塞」は,度重なる争いによって破壊されていますが今なお原型が残されています.

 

要塞は「Gereja St. Paul, Bukit Melaka(セントポール教会)」がある丘を降った地表にあります.

 

A Famosa フォルマサ 丘

 

1807年に英国軍がMelakaに侵攻すると,かつてオランダ軍が立てた要所を破壊して,その中で「Fomosa要塞」も例外なく取り崩されてしまいますが一部が残されました.

 

A Famosa melacca フォルモサ

 

要塞が建てられた当時は60mの高さがある塔を含む大規模な要塞だったようです.

 

A Famosa 壁画

 

修復作業も施されており,レンガ造りのアーチの上には綺麗なレリーフを見つけることができます.

 

Melaka Sultanate Palace Museum(マラッカ・スルタン・パレス)

 

Melaka Sultanate Palace Museum」は,15世紀から16世紀に編集された歴史書「Malay Annals(sejarah Melayu,マレー王統記)」をもとに近年建設された王宮建築の博物館です.

 

Melaka Sultanate Palace Museum マラッカスルタンパレス 博物館

 

1984年に建てられた博物館は木造式で,館内ではMelakaの歴史,伝統的な装飾物,そして武器などが展示されています.

 

「Fomosa要塞」から歩いて数分の距離にありますので,時間があればぜひ立ち寄ってみてください.

 

malacca sultanate palace

 

博物館内では精巧な人形が,Malay王朝における光景を現代に甦らせています.

 

Flor de La Mar(マラッカ海洋博物館)

 

Malacca川沿いを歩いていると「Flor de La Mar(マラッカ海洋博物館)」があります.

 

博物館といっても,巨大な船をもした博物館で実際に川に設置されています.

 

マラッカ海洋博物館 Muzium samudera (Flor de La Mar) 外観

 

博物館の入り口は,建物2階にあたるデッキに入り口があります.まるでMalaccaに停泊した船に乗ったような感覚になりました.

 

館内に入る前に靴を脱ぎます.

 

マラッカ海洋博物館 Muzium samudera (Flor de La Mar) 内観

 

館内では航海時代の船の模型が展示されています.船の中で囚われの身となった人々の人形があり,不気味な感じもしました.

 

Jonker Street

 

「オランダ広場」の対岸は,15世紀以降に栄えた華僑文化の街「Jonker Street」があります.

 

長屋が並んでいる小さな地区で,至るところにレストラン,軽食屋,お土産屋があり食べ歩きを楽しむことができます.

 

malacca street

 

長屋の中には華僑文化を保存した博物館が数多くあります.

 

長屋に入ると驚かされるのは,奥行きの深さです.

 

melakka 博物館 入り口

 

「鰻の寝所ねどこ」と言われる長屋造りが日本でもみられますが, Melaka華僑の長屋も入り口が狭く奥行きの長い建築になっています.

 

 

中庭もあり華僑文化を現代に受け継いでいます.

 

100年前の街並みの写真が飾られており,Melakaの街並みの変遷も知ることができました.

 

melakka 博物館 入り口 中庭

 

Malacca川沿いも歩道が整備されており,おしゃれなカフェやバーが並びます.

 

melacca river マラッカ川

 

川沿いの開放的な雰囲気のMalacca街は異国情緒がありました.

 

街歩きをしていると華僑文化を感じたりMalaysia文化にであったり,そして植民地時代の歴史を学ぶことができます.

 

Cheng Hoon Teng (青雲亭)

 

1646年に中国大陸から運ばれた材料をもとに建てられたという「Cheng Hoon Teng(青雲亭)」はMalaysiaでも最古のお寺です.

 

夕暮れ前の時間に訪れたところ閉門をしていましたので,早めの時間に訪れた方が良さそうです.

 

 

お寺の周りでは線香を販売していたり仏具を扱っているお店がありました.

 

Masjid Kampung Kling

 

Masjid Kampung Kling」は,18世紀に建てられたMelakaでも古いモスクです.

 

モスクは当初は木造で建てられましたが,再建された時にレンガで作り直されました.

 

 

幾何学的な典型的なモスクの建築ではなく,仏塔を思わせる塔や深い緑色の三角屋根が特徴的です.

 

「Masjid Kampung Kling」の近くには「青雲亭」「Sri Poyatha Moorthi Temple」があり,Malaysia文化,華僑文化,印僑文化(Indiaからの移住してきた子孫による文化)が混じり合いを象徴しています.

 

こにゃん
徒歩圏内に3つの宗教建物が建っており,Malaysiaらしいと感じます.

 

Melaka Straits Mosque

 

Melaka Straits Mosque」は,Melaka市街外れにある人工島「Malacca島」の海側に建っています.

 

市内からは4km離れていますので車での移動がおすすめです.

 

島の開発はRM 1,000万(日本円 約3億円)かけられていてホテルや商業施設が建設されていましたがモスク以外は本格的に開業していないようでした.

 

Melaka Straits Mosque Masjid Selat Melaka

 

モスク正面からは分かりづらいのですがモスク横から見ると,モスクが海の上に建てられていることがよく分かります.

 

ピンク色の建物と空と海の青色が対照的です.

 

Melaka Straits Mosque Masjid Selat Melaka 海の上のモスク

 

モスク内に入らなくても,Malacca海峡を眺めることができる名所になっています.

 

コンテナ船が遠くに水平線をなぞるようにゆっくりと移動をしていきます.

 

Melaka Straits Mosque Masjid Selat Melaka マラッカ海峡

 

おすすめは日の入りの時刻です.「Melaka Straits Mosque」は有名なMelakaの夕日スポットになっています.

 

まとめ:マラッカで歴史と文化を感じる日帰り旅行を!

 

Malaysiaにおいて世界遺産に登録されている「Melaka」は,Malaysiaの首都Kuala Lumpurから日帰り旅行で行けるおすすめの旅行先です.

 

Melakaは大航海時代に貿易な重要な港として発展しましたが,一方で地理的な重要さゆえにポルトガル,オランダ,英国,日本と入れ替わりで植民地化をされてしまいます.

 

malacca river

 

Melakaでは街並みが綺麗で歩きながら,さまざまな文化に触れ合うことができます.

 

Malaysiaの中でも華僑の文化が色こく残っており,建物の作りにも中国の影響が見られます.

 

さらに植民地時代の遺跡が保存されていて,かつての大航海時代と同じ海原を見ながら歴史が現在によみがるような感覚がありました.

 

ここまで本記事をお読みいただきありがとうございます.

 

こちらもCHECK

Batu caves バトゥ洞窟 クアラランプールから 行き方 服装 日帰り 観光
【日帰り観光】バトゥ洞窟 | クアラランプール郊外の色彩豊かなHindu教聖地へ

続きを見る

こちらもCHECK

コタキナバル Kota Kiabalu 移住 旅行記 ブログ おすすめ
コタキナバル旅行記【前編】 | コロナ禍でやることなく,食べ歩きと自然を眺めた3泊4日

続きを見る

こちらもCHECK

Sipadan Kapalai Dive Resort semporna sabah 東マレーシア 旅行 ダイビング センポルナ シパダン 行き方 ダイビング タワウ空港
シパダン・センポルナ旅行記【前編:行き方・旅行費用】海賊がでる秘宝の海上リゾート | シパダン・カワパライ・ダイブ・リゾート(Sipadan Kapalai Dive Resort)

続きを見る

 
こにゃん
Twitter@こにゃんでマレーシア最新情報の発信もしています.   気軽にフォローしてくださいね.  
 
  • この記事を書いた人

こにゃん

月間1万PVのブログ「こにゃんのマレーシア駐在記」運営 ブログでは,海外駐在員、マレーシア生活・旅行,英語・中国語学習を発信しています. ● 20代でマレーシア駐在員 ●英語TOEIC 950点 ●中国語 HSK 5級 ●資産形成中 ■000万円,1億円資産ができたら経済的自由の道へ マレーシアお役立ち情報を発信しているので,Twitterもフォローしてね. 仕事の依頼は「お問い合わせ」からお願いいたします.

-旅行
-,

© 2022 こにゃんのマレーシア駐在記 Powered by AFFINGER5