MTR 1924

マレーシア食事

『MTR 1924』シナモン香る伝統的な南インド料理@Brickfields

2020年11月23日

広告

こにゃん
こんにちは,こにゃん(@こにゃん)です.

民族の彩り豊かなMalaysiaを感じられるLittle India.

Little India近くのBrickfieldsにある,Indiaから進出した人気の本格India料理店『MTR 1924』をご紹介します.

 

私の中では,India料理というと,「香辛料が強く,辛い」印象が強かったです.

『MTR 1924』の提供するIndia料理も,様々な香辛料を調合していますが,決してしたが麻痺するような辛さはありません.香辛料も,柔らかい味で,刺激は少ないです.

 

辛いのが苦手なお子さんでも口にしていただけると思います.

『MTR 1924』は菜食主義のお店で,食事に肉類は含まれていません.

 

Brickfieldsのインド街

MTR Kuala Lumpur店は,KL Sentral駅近くのBrickfieldsに位置します.

交通網の中心KL Sentral駅から徒歩5分という好立地です.

brickfields

2015年初めて,Malaysiaに旅行した時,KL Sentral駅で降りてBrickfields一帯を散策したことがあります.

 

すれ違う人,すれ違う人のほとんどがIndia系で,Malaysiaにいるのに,Indiaの街角に迷い込んでしまったような感覚になりました.

 

Kuala Lumpurに駐在している今は,美味しい本格India料理を食べようと思ったら,BrickfieldsかBangsarのどちらかの地域を探索しています.

あわせて読む
the ganga cafe
『The Ganga Café』風の吹き抜ける自然派caféで本格India料理@Bangsar

続きを見る

『MTR 1924』の長い歴史

MTR 外観

南India最大都市の1つBangaloreに,1924年創設されて以来,地元だけでなく海外に住むIndia系にも愛されてれいる『MTR(Mavalli Tiffin Room)』という食材卸売りのお店があります.

 

2020年11月現在,MTRはIndia国内に10店舗の直営店を展開しているだけでなく,Kuala Lumpur,Singapore,Dubaiにも国外店舗を展開しています.

Kuala Lumpur店は,2018年に開業しました.

 

MTR Kuala Lumpur店は,食材はMalaysia地元のものを使っていますが,MTR伝統の味を保つために,香辛料はBangalore本店から船便で運ばれてくるのだそうです.

戦時中の米不足から生まれたmenu

看板にも,MTRの創業年1924年が刻まれています.

第二次世界大戦以前に創業されたお店.大戦中はお米の供給が滞り,MTRでもお米をcurryに添えることができなくなりました.

 

米不足の中,工夫を凝らして作られたのが,今では定番になっているRava idliです.

お米の代わりに,ひきわり小麦(semolina)が使われました.

 

lava idli

Rava idli

出典: The Star: India’s famous MTR 1924 restaurant is now in Malaysia!

MTRの経営の危機は,再度訪れます.

1970年代中期にIndia国内で緊急の食糧管理法が施行.食料価格が政府によって決定されるようになり,利益が出なくなり閉店に追い込まれます.

 

1984年にお店を再開させるまでの間,従業員の雇用を維持するために,MTRは食材販売や調理前料理の配達業を初め,いまの『MTR food』に繋がっていきます.

『MTR 1924』の店内

床はよく掃除されていて,店内は清潔です.空調も聞いていて,快適に食事することができます.

上の写真は,Diwali(Deepavali)と呼ばれるHindu教の新月の祝祭近くで,Diwaliを祝う飾り付けが天井に吊り下げられていました.

 

Menu

mtr menu

Masala Dosa RM10.5(日本円 約270円)は定番menuです.

三角形のDosaの中はジャガイモが入っていて,食べ応えがあります.

 

おすすめは,Sepecial Mini Mealsです.

Menu

  • Special Mini Meals RM15.0 *平日のみ(日本円 約380円)
  • Special Mini Meals RM21.0 *休日のみ(日本円 約530円)

 

Review

私は休日に訪問して,「Special Mini Meals RM21.0(日本円 約530円)」を注文しました.

 

日本で言うところの正月にあたる,Diwali前日にも関わらず,店内はお客さんが私を含めて3組しかいませんでした.

CMCOのせいで人通りもまばらなBrickfieldsの通りを眺めていると,料理が早速運ばれました.

MTR special mini meals

 

一番最初に鼻に届いた香りは,シナモンです!

 

シナモンの品の良い香りが,微かな甘味を持って料理の湯気から立ち上がっています.

MTR special mini meals

金属製のお皿の上には,所狭しと何種類もの料理が乗っています.

彩り鮮やかな料理が並んでいて,見た目にも楽しくなります.

special mini meals 3

どの小皿にも,別の香料を使った味付けとなっていて,飽きることなく,一皿一皿試していきます.

全体的に甘めで,優しい味付けになっています.辛いcurryが苦手という方にもおすすめできます.

肉類は一切入っておらず,野菜だけの健康的な料理です.

 

Dosaに加えて,ご飯までついていて,量としては充分すぎるほどです.

 

シナモンがほのかに香り,優しい味のする南India料理店『MTR 1924』,ぜひお試しください!

店舗情報

お店の名前 MTR 1924

住所 69, Jalan Thambipillay, Brickfields, 50470 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur

電話番号 +60322764924

営業時間 8:00-22:30(平日は,15:30-17:00の間昼休み)


[temp id=2]

 
こにゃん
Twitter@こにゃんでマレーシア最新情報の発信もしています.   気軽にフォローしてくださいね.  
  「にほんブログ村」のランキングに参加しています.   ぜひクリックして応援してください!    
  • この記事を書いた人

こにゃん

【経歴】▶︎日本にて企業就職 ▶︎入社3年目マレーシア駐在 ●マレーシア駐在員 ●英語 TOEIC 950点,中国語 HSK 5級(中国語の方が得意かも?) ●旅行好き ●資産形成中 ■000万円,1億円資産ができたら経済的自由の道へ マレーシアお役立ち情報を発信しているので,Twitterもフォローしてね.

-マレーシア食事

© 2021 こにゃんのマレーシア駐在記 Powered by AFFINGER5