Lemang Tok Janggut

マレーシア食事

「Lemang」竹筒で蒸したココナッツもち米,Ramadanの伝統料理@Bangsar South

2021年5月14日

広告

こにゃん
こんにちは,こにゃん(@こにゃん)です.

Ramadanの断食明けに食べる伝統的な料理「lemang」をご存知でしょうか?

竹筒の中で蒸されたもち米は,ココナッツ・ミルクの香りで絶妙な味付けになります.

Bangsar Southにあるlemangのお店『Lemang Tok Janggut』で買ったlemangを写真とともに紹介していきます.

この記事は,次のような方にお役に立てるように書いています.

こんな方におすすめ

  • Kuala Lumpur近郊にお住まいで,Malay料理に興味のある方

 

Malaysia版”ちまき(粽)”,Ramadanの伝統料理

Malaysiaは国民の70%以上がMuslim(Islam教徒)です.

Malaysia最大のevenといえば,Islam教に関連したRaman(Islam暦の断食月)とHari Raya(断食月を終えた後の祝祭)になります.

MuslimはRamadan期間中,日中は食事はもちろんのこと,水すら口に含みません.

Ramadanについては,次の記事でまとめていますので詳しく知りたい方はぜひご参考ください.

Ramadan bazaarというRamadan期間中のお祭りを訪れた際の体験記です.

あわせて読む
Bangsar Ramdan Bazaar
ラマダン・バザールでお祭り気分,断食月に楽しむマレーシア文化
残念なことに陽性者が急増したために,私が訪れた数週間後にはMalaysia全国規模でbazaarの開催は中止となりました.

 

Ramadanのとき日中は断食を行いますが,夕刻になり食事を取ることが許されます.断食明けは,家族と祈りを捧げて食事を取る伝統があります.

 

Ramadanの断食後に食べられる伝統的な料理「lemang」を本記事でご紹介します.

Ramadan明けのHari Rayaのときもlemangはよく食べられます.

 

SNSで見つけたlemangの美味しいお店『Lemang Tok Janggut』をご紹介します.

Ramadan,Hari Raya期間中だけでなく,一年中営業をしていますので一度Malaysia伝統料理をお試しください.

Lemang Tok Janggut お店

場所は,Bangsar Southにあります.

地名はBangsar Southですので,Bangsarの近くにあると勘違いしやすいのですが,別々の丘にある車でも7分くらい離れた場所にあります.(最後に住所を記載しています.)

Lemangとは

Lemangとは,次の材料を元に作られる東南Asiaの伝統料理です.

  • もち米
  • ココナッツ・ミルク

 

上記の食材をバナナの葉で包んだ後,竹筒の中に詰めていきます.

食材が詰まった竹の筒を斜めに立てかけて火にかけます.

Lemang Tok Janggut

 

食材を直接,竹の筒の中に入れない理由は,もち米が竹筒の内部表面に粘着してしまうことを避けるためです.

 

お店奥には大量の竹筒が保管されています.

1つのlemangにつき,1本の竹筒が消費することになるので,作るのも手間がかかっていると感じます.

Lemang Tok Janggut

 

日本の「ちまき(粽)」はMalaysiaのlemangと似ていますが,笹の葉を使ったり,味付けが塩を中心としていて,蒸し器の中で作る点が違います.

Lemang Tok Janggutのmenu

お店の窓口には,大量の竹が並べられています.この竹1本ずつの中に,lemangが詰められています.

Lemang Tok Janggut 竹

 

値段は大きさによって次のようになります.

  • 大きいlemang RM 18(日本円 480円)
  • 小さいlemang RM 12(日本円 320円)

 

外で買うMalay料理としては少し高いという値段設定.

特別なお祝いのときに食べる料理ということと,竹を一本使って作るため材料費が高めになることが,高めの値段の理由だと推測します.

 

他にも調味料が売られていました.

 

Lemangを注文をすると,その場で竹を縦に半分に割ってくれます.写真手前のナタを使います.

Lemang Tok Janggut

竹がパックリと分割して中があいた後,「一口sizeに切りますか?」と聞かれます.

お願いをすると,食べやすいように丁寧に切り込みを入れてくれます.

店員さんが感じの良い方で,器用な手捌てさばきを見ながら楽しく会話をしました.

Lemangの感想

Lemangの入った竹筒を新聞紙に包んでもらい,家に持ち帰ります.お願いすれば,plastic袋に入れてくれます.

Lemang Tok Janggut

本記事を書いている2021年5月現在,感染症対策のために店内飲食は禁止されています.

『Lemang Tok Janggut』店内は少し座席があるようでしたが,MCO以前,店内で飲食ができたのか確認できませんでした.

 

家について,さっそく人生初のlemangを頂きました.

バナナの葉が照明でギラついて見えるのは,油が塗られているからです.

Lemang Tok Janggut

バナナの葉を竹から取り外すのにコツがいるなと思いながら,無事形を崩すことなく取り出すことができました.

油が塗られたバナナの葉を持ち上げた指が脂っこくなります.

 

バナナの葉をぐるぐると解いていくと,ようやくもち米が登場します.

見た目は茶色で,日本のちまきに似ているなと感じます.

Lemang Tok Janggut

 

Lemangの正しい食べ方がわからないので,仕方なく,私はlemang単品を箸一ぜんで食べることにしました.

もち米を箸で持ち上げると,独特の粘性が感じられます.

箸さきに少し力を込めて一口sizeに切って,口の中に運びます.

Lemang Tok Janggut

ココナッツ・ミルクの風味が口の中に広がります.

もち米の甘みはあるのですが塩味が効いているので,ご飯として食べて違和感のない甘みと塩味の強さになっています.

 

Lemangは少し辛めのおかずと合うかなと想像しながら,ぱくぱくと箸が止まらなくなります.

しかし,もち米が主材料なので竹筒の3分の1くらいを食べると,とても満腹になります.

 

食べきれなかった分は冷蔵庫に保存して,翌日,中身を電子レンジで温めて美味しくいただきました.

こにゃん
たまにMalay料理を食べたいなというときは,またlemangを買って,あわせてayam goreng(Malay風のfried chicken)を買って夕食にしてみたいです.

Lemang Tok Janggutへの行き方

『Lemang Tok Janggut』はBangsar Southに位置します.車で行く場合の住所は下部に記載しました.

 

電車で行く場合は,LRT Kerinchi駅で下車してください.

駅を背中にして右手,丘の方に向かって直進します.階段の左側には商業施設『KL Gateway mall』があります.

Lemang Tok Janggut

 

屋根のある階段が終わり,さらに坂道が続いた先歩いて2分ほどのところ(写真赤い部分)にお店があります.

Lemang Tok Janggutへの行き方

 

お店の名前 Lemang Tok Janggut

住所 5, Jalan Kerinchi, Bangsar South, 59200 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur

営業時間 16:00-24:00(日曜日定休)

電話番号 +60142637879

 

日本にいても,海外にいても気軽にonlineで英語学習ができる『レアジョブ』がおすすめです.

 

レアジョブなら1回レッスンが142円とコーヒー一杯分の値段で,将来に向けた自己投資ができます.

私も5年間以上レアジョブで英語学習を続けて,Malaysia駐在の機会を得ることができました.

自己投資こそ,将来の収入を増やす王道だと思います.


レアジョブ英会話

上記リンクからたった10分ほどの登録で,無料のお試し授業を受けられます.ぜひお試しください

 
こにゃん
Twitter@こにゃんでマレーシア最新情報の発信もしています.   気軽にフォローしてくださいね.  
  「にほんブログ村」のランキングに参加しています.   ぜひクリックして応援してください!    
  • この記事を書いた人

こにゃん

【経歴】▶︎日本にて企業就職 ▶︎入社3年目マレーシア駐在 ●マレーシア駐在員 ●英語 TOEIC 950点,中国語 HSK 5級(中国語の方が得意かも?) ●旅行好き ●資産形成中 ■000万円,1億円資産ができたら経済的自由の道へ マレーシアお役立ち情報を発信しているので,Twitterもフォローしてね.

-マレーシア食事
-,

© 2021 こにゃんのマレーシア駐在記 Powered by AFFINGER5